登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯科保険診療と自由診療の混在は禁止ですか

歯科保険診療と自由診療の混在は禁止ですか

 

 

日本の歯科保険制度ですが、世界においてもかなり先進しているとも言えるでしょう。高福祉の国と言われるスウェーデンでも、成人の歯科治療は全部保険外になります。治療費用から言うと、アメリカでは根管治療の費用はおよそ10万円~15万円程度ですが、日本で保険治療の場合およそ5800円になります。

 

歯科保健治療と比べ、自由診療のほうは高いと思う時もありますが、そこで、保険治療内の治療内容は保険治療で、保険治療外の治療内容は自由診療で計算することはできないでしょうかと思ってしまう患者さんのかなりいます。たとえば、虫歯を削る処置は安価な保険適用内で行い、詰め物は保険適用外の素材を使うこと。

 

しかし、一つの治療には保険診療と自由診療の混在は原則的に禁じられています。そして、自由診療となる処置を行えば、それに関するすべての処置は保険の適用外となりると言うことです。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。