登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 子供の歯が悪いですが、カルシウムが効きますか?

子供の歯が悪いですが、カルシウムが効きますか?

 

 色々原因で、現在の子供の歯並びが悪くなっています。医者のと処に受診の場合は、よく先生にそう聞きました。「子供の歯が悪くなりましたが、カルシウムが足りないのでしょうか。今のところカルシウムを追加したら、また効くのでしょうか?」という質問がいろいろありましたね。実は、歯にとっては、カルシウムがとても大事な栄養です。どういうことでしょうか、今日はこの問題についてお話しましょう。

 

 歯は、人間にとって欠かせない重要な存在です。毎日の食事や交流などは歯がないと、うまくできません。そして、カルシウムは歯の主な組成として、大事な作用をしています。歯の組成ときたら、エナメル質というものは誰でも知っていると思います。エナメル質が丈夫であれば丈夫ほど、歯が丈夫ですね。エナメル質は、元々コツが石灰化された産物です。ですから、カルシウムが歯にとって、とても重要な原料です。

 

 でも、子供の歯が成形したら、またカルシウムを追加しても、もう遅くなりました。これは、車が形成したと同じです。車が成形したら、また車の外観などが不満があっても、もう手遅れで、改善できません。歯を車と違ったところは、歯が一生中だんだん変わっていき、これからも石灰化することがあります。でも、すでに生えてくる歯にとっては、外食でカルシウムを追加しても無駄です。

 

 子供を歯を丈夫に生えてほしい場合は、子供の歯が発育する最初からカルシウムを補充することが大事です。ですから、妊娠四か月後から、子供が三歳になるまで、ここまでの時期がカルシウムを補充する大事な時期です。ですから、もし七歳になったら、また歯にカルシウムを補充してもあまり効果を期待しないほうがいいです。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp