登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯間ブラシの効果的な使い方

歯間ブラシの効果的な使い方

 

食べものが詰りやすい歯と歯の間は、ハブラシの毛先が届きにくく、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が残りやすい場所です。歯みがきだけでは取りきれないプラークも歯間ブラシを使うことで効果的に取り除くことが出来ます。

 
歯間ブラシってなーに?

歯間ブラシは、歯と歯の間のすき間の汚れを取り除くための歯ブラシよりも小さなブラシです。金属のワイヤーにナイロンの毛がつけられていて、植毛部分は歯ブラシよりも細くつくられており、 ワイヤーでできているため、適切な角度に曲げることができます。歯間ブラシ本体の形状には「L字型」と「I字型(ストレート型)」があります。 一般的にL字型は奥歯に使用し、I字型は前歯に使用します。様々なすき間の大きさに対応できるよう、歯間ブラシは大小いくつかのサイズがあります。

 
効果的な使い方

歯間ブラシの先を、歯と歯の間と歯茎の間の三角になっているところに無理せず入れます。そして、ひとつの歯間部にゆっくりと3回程度、前後に動かします。ひとつの歯間部が終われば水でゆすぎ、また次の歯間部に入れて清掃してください。

 
歯間ブラシの使用頻度

歯間ブラシを使う頻度は、正しい使い方ができていれば毎日でも良いです。もちろん、1日3回のブラッシング全てに歯間ブラシを使用する必要はありません。朝・昼のブラッシングは、時間を十分に取れない人も多いと思います。比較的ブラッシングに時間をかけられる、夜の歯磨きでの使用がおすすめです。

  歯間ブラシの交換時期

歯間ブラシの交換時期は、使い方・消耗の仕方によって異なると言えますが、 ワイヤーや毛先の痛み具合をみて交換する必要があります。また、使用後は流水で洗い、よく乾燥させるなど、歯間ブラシを清潔に保つことも 必要でしょう。

 

歯間ブラシを選ぶときの目安
ブラシのサイズは各種用意されています。歯と歯の間に抵抗なく挿入できるサイズを選んで使いましょう。

歯科用具


 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp