インプラントの欠点

 

歯科治療の技術精度は、従来、歯科医師の経験や腕に頼る部分が多くありました。また、細かな作業において、治療の精度に限界があったのも事実です。歯が抜けてない所に金属製(チタンなど)の棒状のものを歯肉の下にある骨組織に打ち込みその金属棒(インプラント)を支えにしてその上に失われた歯の形を再現し、歯のかむ機能や審美性(見ばえ)を回復させようとする治療法です。治療中に関する歯科機械は、色々あります。

 

インプラントについては治療を決める前に、それなりの欠点を知っておきましょう。

 

1、インプラント治療では外科手術を伴い、通常の歯科医療より踏み込んだ治療を行うことになります。当然、手術には万全を期しますが、歯や顎以外にも、頭部の他の器官、全身にも影響の出る合併症、感染症といった危険がゼロではないことをご認識ください。

 

2、インプラント(人工歯根)が顎の骨に結合するまでは、少なくとも6週間は必要です。また、顎の骨の状態によってはさらに3ヶ月程度待たなくてはならなかったり、インプラントの埋入以前に顎の骨を強化する治療が必要になったりすることも。インプラントは、入れ歯やブリッジと比べてとても長い治療期間を必要とするのです。

 

3、インプラントは身体に異物を埋め込む治療ですので、その後のメンテナンスが必要です。特に歯根膜がないことから、天然歯とは異なる配慮が必要となります。

 

4、人工歯根の素材はチタンを主としており、一般的に生体親和性が高いといわれています。現在の臨床では安全といわれていますが、チタンも金属です。人によっては金属アレルギーを引き起こす可能性はゼロではありませんので、ご注意ください。

 

 

 

よく噛むことにより

よく噛むことによって、食べ物の消化を助けたり、脳を刺激して発達を促したり、病気の予防をしたり、様々な効果をもたらします。

 

ダイエットや小顏に対して興味を持っている方も多いのではないでしょうか。実はよく噛むことでダイエット効果が得られるのです。よく噛むことは美容だけでなく健康や虫歯予防にも効果を発揮します。よく噛むことは少し意識を変えるだけで誰でも簡単にできる方法なのです。(歯科機器

 

よく噛むことの8つの効果:

1.胃腸の働きを促進する

2.むし歯、歯周病、口臭を予防する

3.肥満を防止する

4.肥満を防止する

5.全身の体力の向上

6.味覚が発達する

7.発音がはっきりする

8.がんを予防する

 

よく噛んで食べるための工夫:

1.急いで食べない

ゆっくりと味わって食べましょう。食べ物によって噛みごたえは違います。噛みごたえのある食べ物は、ひと口30回を目安によく噛んで食べましょう。

 

2.飲み物で流しこまない

食べ物が口の中にある時は、飲み物を摂らないようにしましょう。飲み物で流し込んでしまうと、食べたものが細かくならないうちに胃に送られてしまうので消化によくありません。よく噛むと、食べ物が細かくなり、自然に飲みこめるようになります。