登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 測定根管の正しい前準備

測定根管の正しい前準備

根管の長さを決定する歯髄、根の病気の主な治療法として根管治療は根管の準備と充填のための重要な基礎となります。一般的に使用される方法はX線の測定、電気測定法です。 当店の気根管長測定器はは、電気測定法の臨床応用を通じて、臨床研究を導くために意図されています。


根管長測定器J4は中国での独占生産者は、最新の第六世代のマルチ周波数のオペレーティングシステムを採用。根管内がドライでもウェットでも、バラツキが少なく、精確な測定ができます。 ファイルの食い込み防止のため、ファイルに強い力が加わると自動的に回転がストップし逆回転します。ファイルに加わっていた力がなくなった時点で、自動的に正回転に戻ります。

 

根管長測定器J4   根管長測定器J4

電気根管長測定法では電気の特性上、正確に測定するために次の処置を行なってから測定を行なってください。 

 

まず第一のは歯牙の表面を乾燥することです。唾液、血液、薬品、生理食塩水などは電解質液です。これらが歯冠表面に付着していると根管内と歯肉が通電し、電気回路が形成され、正しい測定ができません。ラバーダムを施し歯冠部はエアーで充分乾燥させて絶縁をよくしてください。また根管内に「オキシドール」液などの電気を通す薬液、又は生理食塩水を少量注入します。特に、再治療の根管、径の大きい根管では安定した指示値を得るために必要ですので必ず行ってください。 

 

       

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp