登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯肉炎による口臭について

歯肉炎による口臭について

歯の病気の一つに歯肉炎というものがあります。これは、歯の土台となっている歯肉の部分が炎症を起こしてしまうことです。歯肉の部分は、主に歯茎といった呼ばれ方をしています。

 

口を大きく開けてしゃべれないほどまで歯茎が腫れてしまったという経験のある人もいるでしょう。この状態になると、かなりの痛みを伴います。歯肉炎は、歯垢や歯垢が固まった状態の歯石の部分で細菌が増殖してしまい、その段階で歯肉の部分にも入り込んで炎症を起こしてできます。主に、歯茎と歯の隙間の部分から入り込んでいき、その中で増殖して歯肉の部分で分解された歯垢や食べ物の残りかすを腐敗させて膿みを生じさせてしまうのです。

 

さらに、歯肉炎は、ほかっておくと、歯槽膿漏(しそうのうろう)になります。歯槽膿漏(しそうのうろう)は歯肉炎の末期症状です。歯肉炎ですら、口臭がするわけですから、歯槽膿漏(しそうのうろう)になったら、口の中は細菌だらけで、すごい臭いがします。また、歯槽膿漏(しそうのうろう)まで、症状が悪化してしまうと、治療に時間もお金もかかりますし、はずかしくて、歯医者さんにも行きづらくなってしまいますので、歯肉炎の段階で治療して、きれいな歯や息を保ちましょう。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

また、歯肉炎は、歯周病の初期症状だと言われています。歯肉炎の症状である、歯肉の炎症や、軽い歯磨きによる歯の出血、口臭など、もし気になる点がある場合は、早めに、治療に行ってください。歯肉炎の状態なら、歯の健康は、時間を掛けずに、取り戻すことが出来ます。早期発見、早期治療で、歯肉炎のものをしっかりと無くしましょう。歯周病の治療では、歯面に付着した細菌の集塊であるプラークや、プラークが唾液中のカルシウムにより石灰化した歯石を除去することが中心となります。プラークや歯石は、基本的に歯科的な処置によって除去できますが、重症例では外科手術を行う場合もあります。

 

 

また、歯周病により膿瘍を形成していたり、腫脹して痛みを伴う場合などには、経口の抗生物質製剤(歯科材料)が短期間処方されます。ただこれら重症の歯周病以外では、副作用の問題などから、経口の抗生物質製剤が処方されることは少ないようです。多くの軽症歯周病は、歯科的処置と患者自身の適切な歯磨きの励行により治癒可能なのです。ちなみに最近では、重症歯周病に使用する局所用製剤として、歯科医がシリンジから歯周ポケッットに直接注入するタイプの抗生物質の軟膏剤(商品名:ペリオクリンなど)が多く使用されています。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp