登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 糖尿病と歯周病は持ちつ持たれつ

糖尿病と歯周病は持ちつ持たれつ

ギネスブックによると最も多い伝染病は『風邪』ですが、最も多い病気は『歯周病』だそうです。『全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない』—ギネスブック2001、きこ書房。TVコマーシャルでも花王が日本人女性の77.7%に歯周病があると告知しています。実は糖尿病と歯周病も、持ちつ持たれつの、迷惑この上ないパートナーなのです。

 

 

いや、むしろ歯周病は糖尿病の合併症のひとつと考えるべきかも知れません。アメリカ歯科衛生士協会(以下ADHA)の発表によると糖尿病者の95%に歯周病があるといいます。糖尿病による高血糖、高インスリン血症が太い血管も毛細血管も傷つけて、いろいろな合併症を引き起こすのですから、口腔内も例外ではありません。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

それどころか歯周炎があると血糖コントロールが難しくなって、更に糖尿病を悪化させることが分ってきました。まさに悪循環です。最近では歯周病の治療をしたらインスリンが減った事例が報告されています。

 

また、最も大きな類似点は「食」を中心とする生活習慣に影響を受けることです。1型糖尿病や特殊な急速進行性歯周炎や若年性歯周炎などは遺伝的な要因や免疫学的な要素にも左右されますが、両疾患とも発症年齢が40歳前後から増加傾向にあることや家族歴がみられること、そして糖尿病患者(特に2型)の多くは歯周病にも罹っている方が多くみられるなど共通の特徴があります。糖尿病は代謝疾患であり、歯周病は感染症であるという全く異なるものですが、「血管」へのダメージという点では両者とも「血管症」といえる疾患ではないでしょうか。

 

糖尿病は血管障害や神経障害を特徴とする疾患ですが、口腔内においても舌の知覚異常や歯周組織の循環障害、微小血管障害がおこり歯周病をはじめ口腔乾燥症や味覚障害などを惹起しやすくなると考えられます。口腔内のプラークの停滞という歯周病原因菌の活動の場を提供させないことで歯周組織の破壊環境のお膳立てをくいとめ、きめ細やかなケアにより全身的、局所的な環境を改善することが重要です。糖尿病ではフットケアなどが必須なものとして知られていますが、歯周病が合併症としての位置づけであるならば、オーラルケアも必須なものとして位置づけされるように啓発していく必要があります。歯科x線は必要です。

 

例えば風邪をひいたり、疲労が溜まっていたり、ストレスが溜まっていると抵抗力が落ちますので、口の中も細菌に対する抵抗力が落ちるために歯周病菌(細菌の塊)に侵されやすくなってしまうのです(疲れが溜まっているときに風邪をひきやすかったり、疲労、風邪をひいていると歯肉が炎症を起こしやすいのは抵抗力が落ちているためなのです)

 

『歯周病になる=歯周病菌に侵される』、ということは身体の抵抗力が落ちている、何らかの病気になっている可能性もあるのです。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp