登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯科用双眼ルーペの選択方法2

歯科用双眼ルーペの選択方法2

前回は作業の距離まで説明しましたね。これから前回の話を続きましょう歯科用双眼ルーペを選択し、重要な倍率と正しい作動距離を注意しなければならないことですが、そのほかも大事なことです。

 

まずはビジョンです。ビジョンは歯科用双眼ルーペをを通してフォーカスエリアの範囲を明らかに確認することができます。ビジョンの大きなフィールドでは、頭を回転することなく、大面積の範囲を見ることができますということです。視野の大きさは作動距離と関連しています。簡単に言うと::低倍率が大きく大きい視野を持ってきて、逆もまた真なり

 

フィールドの深さは、双眼拡大鏡を通して焦点距離の内で領域の深さの範囲をはっきり見ることができます。大きな被写界深度は、双眼拡大鏡を通して領域の深さを大きい見ることができる指す。フィールド範囲と作動距離の深さに直接関連する。要するに:長作動距離はフィールドが増加するになります。逆もまた真なり。フィールドの深さも倍率に関連する。要するに:低倍率がフィールドの深さを増加することができます

 

適切なレンズを選択することが非常に重要です。さもなければ双眼拡大鏡はパラメータ範囲では正常に使えません。標準フレームワークを選択し適切なレンズを選択します。もちろん、クリップ を選択することができ、簡単にメガネに固定することができます。

 

拡大鏡重量:拡大鏡の重量は選択された重要な1つ要素である。特に長い時間つけていたことなければない状況で軽い拡大鏡は更に心地良くて、長時間の使用は、圧力や他の合併症を減らすことができます。最大の快適さを提供します。

 

 

歯科用双眼ルーペ 3.5倍 Ⅰ(拡大鏡 )&歯科用双眼ルーペライト(二世代)セット

 

製品特徴

初めての方でも慣れやすい、広い視野を確保できる適度な倍率3.5倍を採用しています。

フレームは、体型・性別を選ばないスポーツフレームを採用。難しい調整はいりません。調整は、左右の瞳の幅に合わせるだけです。

明るいクリアな像質により辺縁部まで鮮明な画質と深い作業距離と広い視野径を提供します。

シンプル・コンパクトな設計は日々のご診療で観察者に応じた調整が簡単で快適な操作性が得られます。

軽量デザインにより術中の疲労も最少限に抑えられます。

歯科医師、歯科衛生士および歯科技工士のために特別な設計されたが、他の分野でうまく動作が可能です。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp