登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯性感染症

歯性感染症

歯性感染症とは虫歯や歯周病が原因で細菌性の炎症が周囲の組織まで波及してしまう疾患のことです。

 

歯性感染症の中で, 感染根管由来の疾患には, 根尖性歯周炎, 歯槽骨炎, 骨膜炎, 顎骨周囲炎および蜂窩織炎などが含まれる. しかし, 歯性感染症は口腔常在菌による感染症であるため, 病原的に働く細菌を決定することは困難である. 口腔内カメラでよく検査しましょう。これまで口腔領域の感染症の起炎因子としていくつかの産生物が報告されている. とに, Bacteroides gingivalisが産生するtrypsinなどのタンパク分解酵素は, 歯周炎の起炎因子としてよく知られている. しかし, 歯性感染症のすべての症例から必ずしもB. gingivalisが分離されるとは限らず, 起炎菌および起炎因子を特定できるまでには至っていない.  

 

原因菌は複数の細菌によるもので、好気性菌、ならびに嫌気性菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、紡錘菌、大腸菌、肺炎菌、口腔スピロヘータなどです。深部の感染症では嫌気性菌の混合感染が多く認められます。ただし、細菌が生体内に生息していても、すぐに感染症が発生するわけではありません。口の中には様々な菌が常在しますが通常は無害です。感染症は侵入した細菌の量や毒力が生体の防御機構を上回った場合に成立します。感染に対する抵抗力が弱まる原因として疲労、栄養失調、アルコールや麻薬中毒、白血病、糖尿病などの代謝疾患、膠原病などの基礎疾患と副腎ステロイド剤の使用、悪性腫瘍、HIVウイルスなどのウイルス感染、免疫抑制剤や抗がん剤の使用などが挙げられます。

 

ウ蝕や歯周病から続発する感染症であり、 4つの感染経路に大別できる。
1)歯性上顎洞炎
2)顎骨骨髄炎
3)顎骨周囲軟組織炎
4)菌血症と敗血症
処置:

 

抜歯したら抜歯窟穿孔が5mm未満かつ排膿無し⇒感染無しと考える。歯科x線は必要です。ガーゼ圧迫もしくはスポンジセル、オキシセルを挿入し、自然閉鎖を待つ5mm以上又は排膿有り⇒感染有りと考え、まず細菌検査を行う(薬物選択のため)。次いで抗菌薬、洗浄、ドレナージ(排膿)。保護床を装着して改善を待ち、改善後療孔閉鎖術。それでもだめなら上顎洞根治術。 

 

次に、 明らかな膿瘍が存在している場合ならいざ知らず、 一口に 『タイムリーで安全な外科的処置を併用する』 と言われても難しい。 切開の基本は炎症が遷延化したり悪化した症例を結果から見ると切開が小さかったり、 場所が不適切であるなどの問題があることが多く、 このことから考えても、 時期、 場所、 大きさと言うことになろう (表−2)。 切開の大きさや場所は比較的意見が収束されていると考えられるが時期に関しては個々の経験、 疾患に対する考えの違いが反映され、

 

意見は拡散していると思われる。 私自身は明らかな膿瘍形成が見あたらない場合でも疼痛が強い場合には切開を行うことがあり、 この考えを支持する歯科医師もある程度いると考えている。 これは顎骨内の炎症に伴う浸出液やガスなどによる圧を減圧することにより疼痛症状が劇的に緩和する例を日々経験しているからである。 一方でこの考えを支持しないとする歯科医師もいると思う。 しかしいかなる考えのもとに切開を行なおうとも、 外科的処置は安全に行われなければ意味がない。 そのためには隙の特徴や解剖学的特性の理解も重要である.また切開の際、 膿瘍の確認および部位の診断にはCT装置が有用である。  

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp