登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 注目の歯科ニュースと日常メンテナンス > 3ウェイシリンジの操作

3ウェイシリンジの操作

この文章は「PD style」から転載させていただきます。

 

3ウェイシリンジの操作

 

3ウェイシリンジは、注水、エアー、スプレーの量、強さをコントロールしながら使い分けできるようになっており、口腔の広い範囲に使用するため、手首での操作となりパームグリップでの使用が向いています。

 

掌にフィットするディのかた

パームグリップ(掌を使う持ち方)の器具は、掌の最も自然な形にフィットするように作ります。掌に触れるハンドル部の太さは、第2指から第5指に移行するほど、細くなっていきます。

 

 

ノズルのかたち

先端の角度は、術者のミラーの清掃や歯面乾燥のときなど水やエアーの方向を定めやすいように、視線の角度と一致させやすいようになっています。ノズルは回転させて角度がつけられるようになっていますが、通常は手首を返して使用する方がスピーディーに行えます。

 

 

レバーのかたち

給水、エアー、スプレーを使い分けするため前後、左右に自由に可動でき、力のコントロールができる第1指による操作が適切であり、グリップしたときの第1指の場所に給水とエアーの操作レバーがあれば、第1指を右、左に少しずらせば給水、エアー各々の操作ができ、同時に操作することでスプレーとして使用できます。なお、スプレーの量のコントロールは、注水レバーを押し、そのままエアーレバー側に回転させエアー量を調節すると適切に行えます。

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp