登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯茎の腫れと膿が原因

歯茎の腫れと膿が原因

尖病巣というのは歯の根の先端付近にできる病気の総称で抜髄治療(神経を抜くこと)をした歯に頻繁に見られます.

 

抜髄治療は炎症によって壊死した神経や血管を取り除いたあと根管(神経や血管の通っていた管)に生じた空洞を丁寧に消毒しゴム(ガットパーチャー)とセメント(シーラー)を充填して根尖孔(歯の根の先端に開いている穴)をきれいに埋めます.超音波洗浄機は大切です。

 

ただ、目に見えない場所なだけに治療がとても難しく腐敗した神経や血管の除去が不完全になるケースもありそこから歯の根の先端まで炎症が拡がるのが根尖病巣です.虫歯を治療せずに放置してしまった場合にも起こります ポケットが3mm以内で、歯槽骨の破壊が起こっていない状態の場合は、ほとんどが完治します。歯肉炎では、プラークや少量の歯石がたまり歯茎に炎症が起こり、赤く腫れたり出血したりします。

 

この状態が進むと、中程度歯周病になります。虫歯は初期の段階では、口臭というまでのニオイを発することはありません。しかし、悪化してくると徐々に口臭が強くなってきます。虫歯が更に神経までいってしまうと、かなり強烈なニオイを発するようになります。こうなる前に、早めに治療しましょう。 

 

厚生省の平成10年人口動態統計によれば、日本人の死因としての肺炎は悪性新生物、心疾患、脳血管疾患に次いで第4位7万9,952人である.その中では65歳以上の高齢者が94.4%を占め、男女とも高齢になればなる程、その死亡率は著明に上昇する。(歯科ラボ機器さらに平成11年には9万3,994人となり、17.6%の増加を示した。高齢者は全身的には老化、低栄養、悪性疾患などを背景とする免疫不全により、いわゆる易感染状態にあるが、局所的には気管支粘膜の線毛運動減弱、咳嗽反射減弱などに基づく感染防御能の低下により、特に肺炎の易発症状態にあると言える。

 

しかし、高齢者肺炎の最大の発症原因は “誤嚥”で、69歳以下では誤嚥の関与を示唆する肺炎はわずか11%であったのに対し、70歳以上では60%に達すると報告されている。 歯周病とは、歯槽骨という歯を支えている骨が歯周病によって溶け出し、だんだん無くなってきます。そうすると歯茎の部分がブヨブヨしてきて、出血や膿が出たりします。放っておくと次第に歯がグラグラしてくる病気です。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp