登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > LED光照射器の原理と重要性

LED光照射器の原理と重要性

歯に詰め物をする際、『光照射型』の詰め物に照射すると『硬化』させることが出来るのである。この『硬化』が歯医者のキモだ。口の中の詰め物が途中で固まってしまったら大変(歯科的に)である。よってコントロールしやすい『光照射型』の歯科材料を使う歯医者は多い。およそ現代の歯科医院では「光重合照射器」を持っているはずである。しかしご存知でしたでしょうか?光重合に必要な波長の光を長時間照射するためには、光源の充分な冷却が必要です。

 

重合形式には二つの型がある。第一の形式は、光照射によって原料低分子または重合開始剤の原子間の結合が切れて、ラジカル(遊離基)を生成して重合が連続的に進行する例で、1個の開始剤または光量子により104~106の単量体(モノマー)を重合させることができる。光情報記録への応用などがある。


第二の形式は、重合体(ポリマー)のなかに存在する二重結合を光照射により交差結合をおこさせ、ポリマーの性質を著しく変化させるものである。ケイ皮酸エステル基を含むポリマーでは、光照射によって二重結合どうしが光重合し、不溶性となる例がある。 

 

LED光照射器は粘性のあるレジン(プラスチック)系修復材を特定波長域の光線を照射することで高分子化(光重合)させ、瞬時に硬化させるための機器です。わずか3秒の照射時間と従来の光重合器に比べ格段に短く、長時間お口を開けていなければならない患者様の負担を軽減することができます。虫歯治療時の詰め物、小児歯科では虫歯予防処置のシーラントなどで使用します。

Woodpecker® LED光照射器 E ブルーライト

Woodpecker® LED光照射器 E ブルーライト


製品特徴

●最大出力1000mW/c㎡のハイパウー。

●420~480nmの広波長域でほとんどの充填用コンボジットレジンは10秒以内で5mm以上硬化します。

●照射時間は5秒、10秒、15秒、20秒の4バターンからワンタッチ選択(メモリー機能付)。

●無駄な電気を使わないオートシャット機能 2分間で電源OFF。

●ソフトスタートモード、パルスモード、ハイモードの3バターンの照射モードが選択可能。

●フル充電で、400回以上使える大容量バッテリー。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp