登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯は何で変色?

歯は何で変色?

変色にはさまざまな原因が考えられます。歯の内側から黄色くなる原因の多くは加齢による変色です。歯の神経が壊死した場合の変色、加齢に伴う変色(エナメル質が薄くなる)、エナメル質による色(エナメル質の透明度。生えたての歯の象牙質は淡いクリーム色をしているのですが、肌の老化と同じで新陳代謝によって年々この色が濃くなってきてしまいます。またエナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日の食事などで薄くなり、内側の象牙質の色が強くなってきてしまいます。

 

最も多いのは、テトラサイクリンという抗生物質(妊娠中にテトラサイクリンを服用していた場合に発生する)による変色で、その他にはエナメル質形成不全症、フッ素沈着症などによる変色があります。重度のテトラサイクリンは、ホワイトニングだけで改善することは困難なため、白くするには白いセラミックの歯を入れた方が良いでしょう。軽度であれば、ホワイトニングだけで改善できます。

 

Denjoy®歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置410-A 

Denjoy®歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置410-A

 

れらの歯を白くするに、クリーニングで汚れを落として白くする方法と、歯のホワイトニングや人工の歯などで白くする方法があります。ホワイトニング施術で手に入れた白い歯は永久のものなのでしょうか? 残念ながら永久のものではありません。 オフィスホワイトニングは、一気に白い歯を手に入れた反動と言えますが、約2週間程度で急激に色落ちしその後徐々に色落ちしていきます。 ホームホワイトニングの場合は、時間をかけて行った為色落ちのスピードもゆっくりです。それでも約2~3年で色落ちが目だし始めます。

 

加齢、食べ物、喫煙により黄色みを帯びた歯はまったく問題なくホワイトニングで白くできます。神経を抜いた歯は、ウォーキングブリーチという方法で内側から白くすることが可能です。 色落ちが気になるようでしたら、歯科機器を使って、早めの施術をおすすめしますし、歯の着色しやすい食品(ワインやコーヒーなど)に注意しながら生活環境を変えていく必要性もあるでしょう。

  


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp