登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 舌の口内炎を素早く改善する

舌の口内炎を素早く改善する

舌に口内炎ができて、あるとき突然痛みを感じることがあります。そもそも口内炎は、食事の時などに誤って口の中を噛んだりすることによる傷ができもののように炎症を起こして発症することが多いようです。

 

口内炎はその名の通り、口の中のできものなので、普通の皮膚にできるニキビや吹き出物と異なり食事たびに痛みが付きまといますので非常に厄介です。さらに口内炎ができることで同じ場所を2〜3回噛んだりしてしまうこともあり、さらに症状が悪化すると、傷みのあまり食べ物どころかおしゃべりにも影響がでることもあるようです。

 

最近では、口内炎に効くとされるたくさんの薬がドラッグストアなどでも売られています。口内炎とは、口の中にあらわれる粘膜の炎症性病変をいいます。抗がん剤によってできる口内炎は、抗がん剤が口の中の粘膜にも作用して障害を起こすことがひとつの原因です。また、抗がん剤による抵抗力の低下に基づく、口腔内の細菌感染などから生じることもあります。

 

口は、歯以外の部分が粘膜に覆われており、食べ物の咀嚼(歯科機器)、消化、嚥下(飲み込む)などの食事にかかわる働き、味覚のように食欲にかかわる働き、会話にかかわる働きを持っています。

 

また唾液は口の中を湿らせて咀嚼を容易にし、味覚を助け、食べ物を飲み込みやすくし、口の中を清潔にする働きがあります。口内炎ができると、これらのたくさんの働きが障害されることになります。 口内炎が出来ている部分を清潔な状態にしてから水分を拭き取り、ケナログを塗布します。

 

綿棒などを使用すると塗布しやすいでしょう。ケナログを塗布したあとはしばらく飲食が出来ませんので、就寝前の使用が効果的です。ケナログの副作用として、味覚の減退や過敏症などが見られる場合があります。少しでも気になる症状が現れた場合には、医師や薬剤師に相談するなどの対処をしましょう。また、副作用を避けるためにも、決められた用法、用量をきちんと守ることが非常に大切です。口腔内カメラは大人気です。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp