登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯根膜炎に関する

歯根膜炎に関する

歯は歯根膜という約300μmほどの薄い座布団のような組織によって、あごの骨とつながっています。 歯の中にある歯髄(しずい)(神経)が炎症をおこしているうちは、むし歯ないし歯髄炎(しずいえん)と呼ばれ、歯自体の炎症ですが、その炎症がおさまらず、歯根の先端(根尖(こんせん))から炎症が歯の外に出ると、歯周組織、歯根膜に炎症がおこってきます。これが歯根膜炎です。 

 

歯根膜炎は歯周組織を構成している歯根膜に炎症が生じている状態をいいます。ただ、一般に歯周組織の炎症は歯根膜だけにとどまらず、歯槽骨(しそうこつ)やセメント質にも炎症性変化が同時に生じることが多い。歯根膜炎とは、簡単に申し上げれば、「歯根の周囲に炎症がある」ということです。従って硬いものを噛んだり、強く咬んだりして根っこの方向に強い力が加わると痛みを感じます。 歯科医の方がレントゲンを見て、歯根膜炎の判断が出来ます。 

 

原因で歯根の周囲に炎症が生じているかにもよりますが、根の周囲にバイ菌がいて化膿している場合であれば、抗生剤を飲むことで一時的に症状が改善するかもしれません。抗生剤はバイ菌をやっつける薬ですから。また、咬み合わせで他の歯よりも強く当たっている場合なども歯根膜炎になる可能性があります。 

 

根の周囲が化膿している場合でも抗生剤だけで完治することはないはずです。歯の根の中を消毒しきれいにする治療(根管治療)か、根っこ自体が脆くなっていて、ヒビが入っていたりする場合は、抜歯しなければ治らない場合もございます。

根管治療機器C-smart-L-(多機能装置) 

根管治療機器C-smart-L-(多機能装置)

 

歯髄炎は、病変の広がり方と急性・慢性状態によりさまざまな症状を示します。急性歯髄炎は、自発痛があるか、誘発痛が生じたあとその症状が長時間持続します。慢性歯髄炎は、自覚症状がまったくないものから、不快感・違和感が長期間持続するものまであります。  

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp