登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 舌苔と口呼吸

舌苔と口呼吸

口呼吸も舌苔口臭の原因になり得ます。口呼吸とは、文字通り、口で呼吸している状態のことなのですが、本来人間は鼻呼吸をしているのが正常です。鼻呼吸では、口腔内は唾液量が正常にまわり適度な湿り気があり、唾液により口内が殺菌されるため口臭が抑えられますが、これが口呼吸になると、口内が乾燥して唾液が正常にまわらなくなるため唾液による口内殺菌ができなくなるため口臭が出たり舌苔が付いたりします。

 

 

また、鼻呼吸ではほこり・ウィルス・雑菌の付いた外気を鼻毛をフィルターとしてきれいにした空気を体内に取り込むものですが、これが口呼吸ですと直接ウィルスや雑菌の付いた外気を体内に取り込むため、免疫力を極度に低下させ、風邪、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、肺炎などの免疫系の病気にかかったりします。虫歯の治療をしても口臭が治らない、それなら舌が原因ではないかと思い、舌を舌磨き用ブラシを使って何度も磨くといったことをする親御さんもいるようです。


しかし、これは全く間違った治療方法です。舌を舌磨き用歯ブラシで何回も磨くことは決してしてはいけません。確かに、お子さんの口臭の原因は、舌の汚れかもしれませんが、小児の舌の表面の粘膜は非常に繊細に出来てます。
歯科レントゲンでよく検査しましょう。


舌の掃除のしすぎは、舌の表面に傷をつけ(舌乳頭を傷つける)、その結果唾液量が減り、口の中が渇いたり、過敏に悪化していきます。また、唾液の質の低下も考えれます。


このために、舌を掃除した結果、口臭が解決しないばかりか、さらに、口臭を悪化させる。
原因を作ってしまいます。(歯科ラボ機器さらには、唇の筋肉が弱くなってしまい、口が開きやすくなりますから寝ている間も口があいてしまい、いびきがおきてしまいます。顔もたるみやすくなり美容にも影響します。このように口呼吸の弊害はさまざまです。


口呼吸による口腔内の粘膜の炎症は、白血球やリンパ球の異常をもたらして免疫に作用するためアトピーやアレルギー、肌荒れに関係しているという説もあり、実際に口呼吸を止めることで肌トラブル対策に役立つという報告があります。
とくに最近は、子供たちから大人まで、さまざまな原因で口呼吸が増えているということは、テレビ番組で何回も取り上げられているほど問題となっています。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp