登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯並びの悪さに対して歯列矯正について

歯並びの悪さに対して歯列矯正について

歯並びが気になります。歯並びが悪いとさまざまな弊害が生じます。食べかすが歯の間に残ることで虫歯になりやすくなり、 かみ合わせの悪さから歯周病になりやすくなったり、食べるときに食べかすをこぼしやすくなったり、発音に影響を及ぼすこともあります。 成長期の場合には顎の発達にも悪影響を及ぼしてしまう恐れもあります。歯並びの悪さがもたらす心理的なコンプレックスも大きな問題でしょう。 

 

 

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術歯科機器の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。 

 

歯科高出力LED光重合照射器(2200mW)

 

    歯科高出力LED光重合照射器(2200mW)

 

 

まず、歯列矯正の病院へ行き、自分でどのような問題なのか説明し、そして、医師が検査をします。この検査とは、レントゲンやCTをとったり、歯や口の型をとります。そして、この検査結果に基づいて、医師が治療方法を決定し、それを患者に伝えます。それから、スペースをつくるために必要であれば抜歯をします。

 

スペースができたら、ブラケットを装着して歯の移動を始めます。全ての歯の移動が正しく移動するまで、症状により違いますが、2、3年かかります。その間月1回調整のために通院します。歯の移動が正しく終わったら、ブラケットを外しますが、その後、歯は元の位置に戻ろうとするので、リテーナという防止装置を付け、これも1、2年様子を見ながら続けます。この段階が終われば終了ですが、その後も定期的に検診を受けるべきでしょう。

 

また、顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い方は、顎の骨を手術して顎のバランスを改善することが必要な場合があります。このように、外科手術と矯正装置による歯列矯正を組み合わせて治療することを「外科矯正」といいます。歯列矯正は時間と費用がかかるというイメージから遠ざかってしまっている人も多いかもしれませんが、歯の問題と精神的な悩みを一挙に解決できる方法でもあります。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp