登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 定期的に歯医者へ

定期的に歯医者へ

歯医者さんに行くのは、虫歯ができたとき、歯がしみるとき、親知らずなどが痛むときだと言う人がほとんどだと思いますが、それは、大きな間違いです。虫歯になったら歯医者へ行くというのは、理に適っていますが、定期的に歯医者へ行くことをオススメします。

 

口の中は、虫歯だけではなく、たくさんの体の情報を教えてくれる場所です。自分で見るだけでは、その情報をうまく読み取ることはできません。定期的に歯医者さんに行くことで、口臭の対策や、虫歯予防、歯周病の早期発見、早期治療などが、できるのです。

 

虫歯ができたから、歯医者さんへ行く、歯が痛むから歯医者さんへ行くなど、悪くなったから取り替えるという感覚はなくしましょう。皆さんは、歯を、食べ物を食べるためのものと捕らえがちですが、歯の健康は、体の健康になくてはならないものなのです。

 

患者さん自身のすばらしいプラークコントロールと、2週間に1度のPTC(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)を行うことによって歯周病疾患の進行が止まり、健康な歯周組織が完全に維持された。(歯科卸売) 6ヶ月に1度のスケーリングでは、歯周疾患が再発して悪化する。(Nyman)という研究結果も報告されています。

 

患者さん自身でのブラッシングももちろん大切ですが、それと同時に1,2ヶ月に1度の定期的なクリーニング、お口の中の状態が悪いときには1,2週間でチェックしていくことが大切です。歯科レントゲンは必要です。

 

おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。 比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。 スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp