登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > スケーラーとスケーリングの誤解

スケーラーとスケーリングの誤解

1.スケーラーとスケーリングとは、歯のすきまが増大することを招いて、歯体は損失を受けて、歯の過敏症を引き起こします

 

スケーリングとは、歯のすきまが増大することを招いて、歯体は損失を受けて、歯の過敏症を引き起こします。このような観点を持つ人、まずスケーリングの原理と目的が理解できません。現在、病院と正規の歯科診療所のスケーラーケーリングは、超音波スケーラーを使って、超音波の高周波を通じ振動します。歯の表面の汚れの石や石灰をを取り除います。その更にエキサイティングな歯ぐきを免れて、出血、恐らく酸っぱい、甘くて、暑さに弱くて、寒さに弱い病状が現れて、1歩進んで歯ぐきが炎症を起こすことを招きます。

Woodpecker® 超音波スケーラー DTE D1

 

Woodpecker® 超音波スケーラー DTE D1

 

 

このクリーニングは歯に対して摩耗や歯へのダメージはありません。次に、スケーリングした後、歯の過敏症は、数年間スケーリングいないためで、歯石に付着時間が長い、硬度の高さで、急に取り除いた後に、かえってあまり適応しない原因です。もし歯石は直ちに一掃しませんならば、大いに口腔の疾病の発生率を高めます。歯のすきまの問題となると、これはもともとあって、ただ長いだけの時間はきれいに洗っていないで、結石にあげ塞がれました。

 

2.スケーリングとスケーラーお金を費やす、不快な感じがあり、必要ありません

 

もし歯がよく保護する場合には、、完全に一生付き添うことができます。世界保健機関(WHO)は、健康な高齢者の一つ定義がそこにある: "健康な高齢者が20以上の自分の歯を持つべきである。"通常の状況では、半年ごとにがあるいは1年一回のスケーリングのが良くて、喫煙者は最も良い3ヶ月ぐらいは一回洗います。定期的に掃除し、医者は同時に歯者を洗うために更に一回の歯検査歯科材料をすることができて、問題を発見し、タイムリーな治療ことができます。最初のスケーリングは、歯石が多いため、恐らく多少な不快感があるかもしれませんが、しかし堅持するのでさえすれ(あれ)ば、そして注意して口腔の清潔を維持して、次回は良くなってきました。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp