登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 精密根管治療が必要な歯科機器

精密根管治療が必要な歯科機器

歯根の中の神経は、このように複雑に走行しています。まるで、木の幹から枝分かれしたようになっています。太い主根管から、ごぼうのひげのように細い神経が沢山のびているイメージです。 根管治療とは、「歯髄」の中の感染源(細菌)を除去する治療法です。保険治療で行われている方法では、感染源の取り残しによる再感染があるわけです。従来の根管治療は、実際の根管内を確認しながら感染部分を除去することが出来ず、経験やカンによる盲目的技術に頼るものであった。実際、目で確認しようと根尖部まで大きく拡大してしまうと将来的に歯根破折を起こすリスクが高くなってしまう。 

 

マイクロエンドとはマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使い、根管治療、いわゆる根の治療を精密に行うことを言います。従来の方法(保険診療の範囲)と区別されてこう呼ばれています。歯の中の根管と呼ばれる細い管は肉眼ではほぼ見えません。従来の方法では、見えていないのに手探りで先生の「勘」に頼って行われていると言っても過言ではありません。 

根管治療機器 エンド C-Smart-I

 

        根管治療機器 エンド C-Smart-I

 

 

マイクロスコープを使う最大のメリットは、暗くて狭い環境にある歯の内部(根管内)を“光”と“拡大”により見えるようにすることです。欧米では、根管治療における手術用顕微鏡(マイクロスコープ)の使用が常識となっています。 また、歯科用X線CTの登場により、今まで明確にできなかった「直らない歯根の病変」の診断が可能になった症例があります。

 

しかし今日、歯科においてマイクロスコープを使用する際の治療器具は、歴史が浅くまだ発展途上の段階にある。例えば、通常の回転切削器具を用いると、そのヘッドが邪魔をしてどこを切削しているのかわからなくなるし、通常のハンドファイルを根管内に入れると、術者の手がマイクロスコープ下の視野を妨げてしまう。  


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp