登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 知覚過敏の原因には

知覚過敏の原因には

知覚過敏の原因で最も多いのは、間違ったブラッシング方法によって歯がすり減ったり、歯ぐきが下がって歯の根っこが出てきてしまうことによって知覚過敏になってしまうというものです。この場合には、正しい歯磨きの方法を覚えることが最も重要になります。


正しい歯磨きを行うことによってこれ以上歯が削れたり歯ぐきが下がったりするのを防ぎ、さらに歯の再石灰化を促進することにより知覚過敏が改善されます。また、歯磨きを行う際に知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用すると効果的です。

それでも痛みが無くならない場合には、歯科医院で専門的な治療を受ける必要があります。 知覚過敏だけでなく、虫歯、歯周病などの歯周疾患の多くが『間違った歯磨き(ブラッシング)』といわれています。知覚過敏の場合は特に、力任せに歯磨きを行った結果、エナメル質が徐々に削られていき、象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わり「歯がしみる」知覚過敏の症状へ繋がってしまうのです。

 

 

食べ物や飲み物に注意するということは、熱いものまたはよく冷えた物を口に入れないようにするということを言っているのではありません。重要なことは、酸が豊富な食べ物や飲み物をなるべく摂取しないように心がけるということです。

 

 

例えば、ワイン・フルーツ・スポーツ飲料、炭酸飲料やお酢といったものには、歯を溶かす酸が多く含まれます。お酢やフルーツなどは、健康のために多く取り入れる人がいますが、そうしたことも一因なのか、健康を気にする人の中に知覚過敏になる人が大勢いると考えられています。

 

酸性の食品を食べるときは、時間をかけることなく飲み込むようにしましょう。これだけでは対応としては十分ではありませんので、食事をした後などは口をすすいで、歯に酸が蓄積しないように対処しましょう。

 

 

お酢やフルーツというと、健康を保ちたい人は大勢が率先して食べようとするものですが、このようなこともあり、体のことを気にしている人には知覚過敏になる人が大勢いると考えられています。歯科レントゲンは大人気です。

 

酸が多量に含まれたものを食する際には、なるべく時間をかけずに飲んでしまうことをおすすめします。(超音波洗浄機

 

しかしこれだけだと十分な対策とは言えませんので、食後には口をゆすぎ、歯に酸が残らないように策を講じたほうが良いです。寝る前に晩酌をしている人は、お酒に含有している酸によって知覚過敏に陥りやすいものです。寝酒は避け、お酒を全部飲んだら他のときと同じで口をすすぐようにして対処しましょう。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp