登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯には妖精さんがある

歯には妖精さんがある

 

先日、『不思議の国のガーディアン』2012年公開のアメリカ合衆国アニメーション映画を見ました。私は歯科スケーラー治療について面白しい話を思い出した。私は子供の時、お父さんが「下の歯は屋根の上に投げ、上の歯は縁の下に投げ入れる。上の歯は下に、下の歯は上にすくすくと伸びていくように願って。」と言いました。


私は6歳になる時、上の歯がまた1本抜けました。ここでは、その抜けた歯を夜寝る前に枕の下に置いておくのです。夜の間に、その歯は妖精さんに持っていかれ、代わりにお金を置いてってくれるのです。もちろん、サンタさん同様、妖精の役目は私たち親の役目です!私が小さかった頃にももちろん親がやってくれたのを覚えています。

 

これは子どもの抜けた歯(乳歯)に対してさまざまなことがいろいろな文化圏で行われています。抜けた歯を妖精などが宝物と引き換えに持って行くタイプ、下の歯を屋根の上に上の歯を縁の下に投げるタイプ、などなど「子どもの歯(乳歯)が抜けたとき」はこれからもどんどんデータが集まっていき、私たちの認識もそれにつれ深まっていくことと思います。 

 

同じ道理で、歯の治療(根管治療など)で役目を終えた金属も、子どもたちを喜ばせる素敵なプレゼントにかえられたら…と いう思いからこのプロジェクトは始まりました。 歯科治療や入れ歯に使う金属は、金やパラジウムなどを含んだ合金でできています。 

 

 

 

 

根管長測定器-Joypex-5

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp