登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > ハンドピースは給水不良現象の時

ハンドピースは給水不良現象の時

エア高速タービンハンドピースやコントラは、給水不足、給水が不平均、霧ができない、あるいは完全に水を出ないなど給水する不良現象の時に、まず次の通りの要点を検査するに応じて。

 

(1)水の塞ぎとめる部位をチェック

タービンハンドピースを開けて、パイプラインから適量の水が流れ出すかどうか確認してください。水が流出していない場合は、パイプや治療センターの水供給システムの問題かもしれません。

 

(2)インターフェ

イスの口は導線につながって試運転を行います。もし適量の水が流れ出すならば、インターフェイス所の問題なことを表明しています。イスの口を塞いだため、圧力が不足することをもたらします。

 

(3)軸の芯

ハンドピースの機体は軸芯をタービンがおろす後から、インターフェイスを入れて運行を行います。もし適量の水が流れ出すならば、タービンハンドピースの機体の問題です。

 

もし上述の3ならば、給水が正常に流れ出す時、軸芯の問題です。ハンドピースの給水孔が均一に水を供給することができない、それはスプレー口の軸芯の閉塞かもしれません。

1キャップを外し、シャフトを取り外します。

2ブラシで針を洗浄した後、針を注ぎ口に真っ直ぐ挿入します。

3ズル洗浄は溝の槽(車の針がエアスプレーを吹き出す溝)の所を挿してまで。専用のブラシはこの部分の粉塵をきれいに洗います。

4針の側からスリーウェイシリンジを使って吹きます。

5軸芯を機首に入れる時、Oリングシールを正しく取り付けたことを確認してください。 

 

       JINME-®新型スリーウェイシリンジ 

JINME-®新型スリーウェイシリンジ


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp