登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 付着歯肉と角化歯肉について

付着歯肉と角化歯肉について

歯周病という病気は最近皆様も周知している言葉だと思います。予防に関しては、定期検診・毎日の正しいブラッシングで予防できます。しかし、ただ、検診・ブラッシングをしても、歯肉の状態によっては無意味になってしまいます。そして、歯肉の健康を維持するために適当な付着歯肉・角化歯肉幅が必要であるとの考え方があり、これらが狭小な部位において、その増大を目的として遊離歯肉移植術などが臨床で適応されている。 

 

付着歯肉は歯肉の歯肉溝あるいはポケット底部から歯肉-歯槽粘膜境までの歯および歯槽骨に付着している部分。適切な歯周環境は良好なプラークコントロールに影響を与えるとされ、歯肉の厚みや付着歯肉・角化歯肉(歯肉辺縁から歯肉-歯槽粘膜境までの歯肉。 

 

不幸にしてこの固い歯肉が無くなってしまった場合は、外科処置が必要になります。歯についた汚れ(歯石・プラーク)を取り、歯茎を引き締め、角化歯肉を増やしていくことが、歯周病の治療、根管治療となります。また、インプラントの周りに角化歯肉を作ると、インプラントが歯周病に侵されにくくなります。 方法としては、上顎の口蓋から歯肉を採取して移植をする方法などです。インプラントに関しても同様です。インプラントを長持ちするには、この角化歯肉の存在が重要になります。

根管治療機器-エンド-C-Smart-II

 

      根管治療機器-エンド-C-Smart-II

 

インプラント周囲の角化歯肉が不十分であることは、口腔衛生管理と軟組織の健康状態に必ずしも悪影響は与えない。患者様は、歯ブラシをインプラントの周りにあてても歯肉が痛くないので毎日、丁寧に歯磨きをしていただいております。ですので常にインプラントは、清潔で長持ちしております。 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp