登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 埋伏智歯

埋伏智歯

親知らずの治療の種類は様々ですが、必ずしも抜歯しなくてはならないと言う訳ではありません。しかし、それは、とても幸運な人と言えます。なぜなら、他の歯と同様のケアで親知らずをのこす事ができるからです。大抵の場合、親知らずは抜歯しなくてはいけません。そうしないと、あとでもっと大きな治療をしなくてはならない場合が多いからです。親知らずは隣り合っている歯を押し出す力があり、それが親知らずが痛む原因となっています。

 

 

調整不良の歯は虫歯になりやすく、 これはX-線写真でも分かりますが、親知らずが隣接した歯も虫歯になりやすくなっています。また、親知らずは歯垢を完全に取り除く事はほとんど不可能です(親知らずの場所のため)。親知らずに溜まった歯垢が虫歯の原因になることが大半で、歯周病の原因になることもあります。歯周病は親知らず周辺から始まり、口全体に広がってしまいます。嚢胞が埋没し親知らずにできてしまう事もあります。嚢胞は骨組織を破壊する要素の一つです。この黒いエリアが嚢胞です。手術をして除去する必要があります。

 

 

乳歯では乳臼歯が埋伏する場合がありますが、乳歯が埋伏することは極めて少なく、多くの場合は永久歯に認められます。永久歯では上下の親知らず(智歯(ちし)・第三大臼歯)、上あごの前歯および犬歯、小臼歯の順で多く、不正咬合の原因になることも少なくありません。口腔内カメラでよく検査しましょう。 

 

 

一般に、埋伏歯は位置や方向の異常を伴うことが多いため、埋伏している歯が周囲の歯の根を吸収し、動揺を引き起こすなど、さまざまな障害を引き起こす場合があります。また、歯冠の一部が埋伏している場合は、歯肉と歯の間で細菌感染が生じやすく、埋伏歯周囲の歯ぐきやあごの骨に炎症を引き起こす場合もあります。歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)とは、歯根の先に膿の袋ができて歯肉が腫脹したり疼痛を発現した歯に対し、通常の根管治療が困難な場合に適応になります。

 

 

嚢胞(のうほう)を取る手術(歯科機器)と感染した歯根の除去(歯根端切除術)を同時に行います。 膿の袋のある歯の根尖付近の粘膜を切開・剥離し、骨を削除して根尖病巣に到達します。根尖病巣を鋭匙(えいひ)などで取り除き、歯の根尖部を切断・除去します。次に、切断面の露出した根管内をきれいに掻爬(そうは)し、根管充填します。最後に、粘膜を縫合して手術を終了します。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp