登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎について

歯周病は、歯を支える骨が、バイ菌の影響で吸収されて行く病気です。それでは、インプラントにはその様な病気が起こることはないのでしょうか?実はインプラントにも同様な病気が存在します。 その名も、『インプラント周囲炎』です。インプラント周囲炎とは、インプラントが歯周病と同じような症状になることです。インプラント治療後に歯ブラシが不十分になると汚れは歯肉とインプラントの境目から内部に侵入していきます。

 

歯周病は、『歯ぐきの病気』です。主に歯周ポケットと呼ばれる、歯の周りの隙間に存在する歯周病菌が、有害な物質を出し、その影響で歯の周りの骨が吸収されて行きます。 この場合、歯周病菌は骨にまで大量に進入することはありません。一方、インプラント周囲炎には、下記のような特徴があると言われています。


・ 歯周病菌と同じ細菌が、炎症の原因となっている。
・ 天然歯の歯周病に比べ、インプラント周囲炎は破壊が著しい。
・ インプラント周囲炎では、人工歯根部と支台部の接合部に強い炎症が起こる。
・ 場合によっては、歯周病菌が骨の中まで入り込む。 

 

この汚れは歯周病細菌と同様の細菌です。そして初期の段階ではインプラント周囲の歯肉が腫れて行きます。その後インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。最終的にはインプラントはダメになり、撤去することになります。人工物であるインプラントには神経が通っていません。そのため初期の段階では多くの場合、自覚症状がありません。
そのため、かなり状態が進行しなければ気付かないのが特徴です。 


インプラントを長持ちさせるためには、その方が何故歯を失ったか原因を探り、もし歯周病で歯を失ったのであるならば、歯周病の治療根管治療も並行して(出来れば先に)行うことが重要です。 また、ご自身の歯が歯周病になったのは、その歯に歯周病が進行しやすい要因があったからに他なりません。そこに何の工夫もなくインプラントを植えたとしても、同じ末路をたどる可能性が高くなるのは、素人の方が考えても想像がつくのではないでしょうか? 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp