登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 虫歯と知覚過敏の違いの判断

虫歯と知覚過敏の違いの判断

歯が痛いという感覚のみでは、それが虫歯なのか知覚過敏なのか判断しにくいものです。知覚過敏が原因のときは、特別治療をしなくても少し時間が経過することで痛みがなくなることも少なくないため、ほったらかしにしてしまう人も少なくありあませんが、ひとまず自分の歯の具合を調べてみるといいかもしれません。歯に穴が開いていたり黒ずんでいるときには虫歯だと分かるのですが、それがないとしても、歯の間の虫歯ということも考えられるのです。

 

そういうときは、目で捕らえられる範囲では他の健やかな歯と何ら違いがないので、鏡を覗いただけだとわからない可能性があります。そしてパソコンを使用して、「こうした症状が見られるのですが虫歯なのでしょうか」と質問している人がいるようですが、虫歯かそうじゃないかは、実物を確認しなければ答えられないものなのです。

 

知覚過敏なら、治療をしなくても時間が経つと痛みを感じなくなることも多いため、放置しやすいものですが、自分の歯の様子を見極める必要があるでしょう。(歯科材料)黒い部分や穴が分かるようなら虫歯と判断がつきますが、そういうものが確認できなくても、歯の間の虫歯ということも考えられるのです。その場合は、目で捕らえられる範囲では他の健やかな歯と何ら違いがないので、鏡で確認しただけでは見えないかもしれません。さらにネット上では、「このような症状が出ているのですが虫歯なのでしょうか」という質問が見られますが、虫歯ができているのかいなかは、本当にその人の歯を見てみなければ判断は不可能なものなのです。

 

 

歯医者には絶対に行かないと決めている人もいますが、その場合は知覚過敏用の歯磨き粉を活用すると良いでしょう。それで症状が軽くなれば、虫歯ではないということになります。口腔内カメラでよく検査しましょう。水がしみるといっても原因はさまざま…。原因があることが多いが、はっきりしないことも歯がしみることをTVなどで観て知覚過敏に違いないと思うでも?しばらくしたら治った?でもまた気になりだした。 とりあえず知覚過敏用歯磨きを使ってみよう。

 

など自分では判断できないって事あるはずです。最悪の事を考えて まず歯科医院に行きX線で虫歯、歯周病、かみ合わせなどの影響かなど診断してもらって放置できるものか治療 の必要があるのか確認しましょう。神経の治療はなるべくしないで済めばいいですから、、、、 虫歯や歯周病、咬み合せなどに問題が無いのに、健康な歯が刺激(冷たい水など)でしみている……。このよう な状態が本当の知覚過敏と考えればよいでしょう。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp