登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 金属アレルギーの対応

金属アレルギーの対応

時計やアクセサリーなど、金属が原因で赤みや発疹が出る金属アレルギーは、汗が原因となりやすい。 ハウスダストや花粉アレルギー、乳や卵などの食べ物アレルギー、動物アレルギー、化繊アレルギー、化粧品アレルギー・・現代人は多くのアレルギーを持っています。同じ金属に繰り返し触れると、汗や唾液(だえき)で溶け出した金属イオンが体内に入り込む。これがたんぱく質と結びつき、異物とみなされるとアレルギーの原因となる。

 

最近注目されているのが、歯科の治療で使う歯科材料の金属が原因となる「歯科金属アレルギー」だ。金属アレルギーの患者さんの一部は、必ず口腔内の銀歯などが原因となっており、皮膚科の領域だけでは対処できません。アレルギーを起こしてしまった物質への一番の対処方法は、とにかくそのアレルギー物質を体内に入れないことです。一度ある物質に対しアレルギーが発症してしまったら、確かな治療法は現在のところなく、とくに成人後であれば、一生その物質に対してアレルギー反応を持つことになるそうです。

 

通常、金属そのものは「アレルゲン」ではありませんので、体に直接アレルギー反応を発生させることはありません。しかし、汗や唾液など、体液によってイオン化した金属が体内に取り込まれます。発汗によって、ネックレスや時計のベルトと接する肌が赤くなったり、かゆみが出るのは、汗の塩分がイオン化を促すためです。 歯科治療用いられる金属はいろいろな種類の金属を合わせた合金が使われており、そのためイオン化傾向が強くなり、アレルギー症状が出やすくなることがあります。 

 

歯科用合金には、ニッケルやクロム、コバルトなど、アレルギーを起こしやすい金属が使われている。歯の詰め物などに含まれる金属が唾液を通じて血液に流れ込むと、全身に症状が出る。 もともと金属アレルギーが出やすい人は、歯科治療の際に初めから金属を使わないという選択肢もある。 

 

 

 

RDT®手用ニッケルチタンロータリーファイル

 

日本歯科大皮膚科学の教授によると、背中や腕の内側に、原因として疑われる約20種類の金属の試薬を含んだばんそうこうをはりつけ、そのまま2日間過ごす。過去のカルテなどで該当する金属が使われているかどうかを確認する。陽性反応が出た金属が含まれていた場合は、治療で使った金属を取り除き、代わりにセラミックやプラスチックなど、金属が含まれていない材料と交換する。インプラント(人工歯根)には、アレルギーを起こしにくいチタンが使われているため、症状が出る場合はほとんどないという。

金属アレルギー外来ではこのような患者さんに対して金属に対するアレルギーがあるかどうか口腔内の充填物(詰め物)や金属冠が関わっているかどうかを調べ口腔内の処置や日常生活で触れている金属に対する生活指導などを行っています   

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp