登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 過剰歯の原因

過剰歯の原因

人々は綺麗な歯を持ちしたいですね。自分の魅力を出す時、口元は大事ですね。歯は、生きるために食事をするのに欠かせないものです。歯並びがきれいだと、とても魅力的ですよね。 でも、生まれつき歯並びが悪い人もいます。 過剰歯はこの一つです。

 

過剰歯は、何も支障がなければ、そのままにしてもいいのですが、歯並びに支障が生じたり、腫れや痛みが生じた場合は、抜歯します。このような遺伝の悪戯による歯の影響というのは、時々あります。過剰歯とは逆に、先天欠如歯なんて場合もあります。また、いつまで経っても永久歯が生えてこない場合、レントゲン写真撮影してみると後続の永久歯がないような場合もあるのです。このような場合、少しでも長く乳歯を保つようにしますが、乳歯を抜歯せざるを得ない場合は、入れ歯やブリッジ、インプラントという方法で、永久歯が生えてこなかったスペースを埋めるようにしないといけません。そうしないと、歯並び、噛み合わせ狂ってしまう可能性があるからです。 

 

人間の歯には乳歯と永久歯がありますが、これらに属さない歯があります。これを過剰歯といい、まったく余分な歯です。過剰歯の原因ははっきりしていません。人間が進化する過程で徐々に失われてしまった歯が突然再び現れた結果であるという説や、遺伝的要素、外傷によって形成初期の歯胚が分割してしまうなど、さまざまな説があげられています。 

歯科医療用Xファイル自動現象機

 

 

 

今回ご紹介する例は小学校低学年のお子さんの例です。乳歯が抜けたのに永久歯がなかなか生えてこないとお母さんが心配して来院されました。永久歯の確認のため通常のレントゲン写真を撮ったところ、過剰歯を疑う像が見られました。しかし、通常のレントゲン写真では過剰歯の位置や生え方が を確認しました。大人の前歯の後ろ側にさかさまになって埋まっている過剰歯があるのが良く分かります。写真の黄色の矢印のところに過剰歯があります。しかも、過剰歯が2本もあります。  

 

過剰歯が原因で生え方の向きがおかしくなる場合もあり、また、過剰歯が原因で色々な弊害が起こることもあります。たとえ過剰歯が骨の中にあっても永久歯から離れた場所に埋もれている場合はなんら問題はありません。過剰歯は顎の中に埋もれていて永久歯の生え方に影響を及ぼしそうな場合には、時期をみて抜歯手術することになります。過剰歯を適切な時期に抜歯手術することにより永久歯の歯並びへの影響を最小限にとどめるためです。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp