登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯石と歯垢の違いと口臭について

歯石と歯垢の違いと口臭について

歯垢(しこう)とは、何種類もの口の中の細菌が、集まって出来た細菌の塊です。また、その歯垢(しこう)をずっと、キレイにしないことで、歯垢(しこう)が石化してしまったもののことを歯石といいます。

 

 

歯垢(しこう)が作られる原因は、歯の清掃をしっかりとしないことが原因です。では、どのようにして、歯垢(しこう)は作られるのでしょう。口の中に、いつまでも、細菌の餌となる甘いものがあることで、ミュータンス菌などの細菌が、餌を食べることによって、グルカンという物質を作り出します。グルカンはネバネバした物質で、歯に付くことで、他の細菌も取り込んで、歯垢(口腔内カメラ)が作られます。

 

 

歯石は歯垢が硬くなったもので、食後などに歯に付着した歯垢が唾液のミネラルと結合して歯石になります。歯石は大変硬く、歯磨きではなかなかとれなくなってしまいます。また歯茎と歯の間の歯周ポケットなどにできてしまうと歯ブラシで除去するのはかなり困難になってしまいます。

 

 

歯垢が歯石になってしまうと、歯磨きでは除去できなくなり、それが原因で虫歯や歯周病になってしまいます。歯周病が進行してしまうと、歯を抜かなければならなくなったり、歯茎から膿がでてひどい口臭になってしまいます。日頃から食後の歯磨きなど口内ケアをしっかりすることで、歯垢と歯石がつかないよう気をつけて下さい。歯垢の場合は、専用の染色液によって歯垢を染め上げ、どこに磨き残しが多いかチェックしてもらい、歯科医や歯科衛生士から有効な歯磨き方法を伝授してもらいます。超音波スケーラーは大人気です。

歯石の場合は、スケーラーという専用の医療器具を使用し、歯の表面や歯周ポケットにこびりついた歯石をかきだすように除去します。スケーラーには先端で直にかきだすハンドスケーラーと、超音波の振動で歯石を除去する超音波スケーラーやエアスケーラーがあります。歯周病の原因である歯垢が厚くなり、硬くなった物が歯石になり、歯石が口臭の原因となります。 

口臭の原因となっている歯石は、普段の歯磨きだけでは除去することができないため、半年に1度程度歯科医に取り除いてもらうようにしましょう。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp