登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 保険内の被せる歯の種類

保険内の被せる歯の種類

虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。 かぶせものの種類によっては健康保険の適応を受けることが出来ますが、よりきれいな仕上がりをお望みの方は、保険外ですが審美製歯科用品高い治療もございます。保険でも丁寧に治療を行えばかなり長持ちさせることができるのですが、どうしても限られた時間・材料の中での治療となりますので、一般的には保険のクラウンの寿命は、保険外の場合と比べると短くなりがちです。 

1銀歯-奥歯に使うことが多い。金属なので強度が強く、保険適用なので安い。しかし、金属なので見た目が良くない、時間が経つと溶けだして金属アレルギーや歯の変色を引き起こすことがある。 

2硬質レジン前装歯-前歯~糸切り歯まで保険内。中身は金属で、見える部分はレジン(プラスチック)。見た目が歯と同じ色なので気にならない。しかし時間が経つと変色する。溶けだす事もある。 

3硬質レジンジャケット-中身もレジンで、裏側も歯と同じ色になっている。金属を使用していないためアレルギーが起こりにくい。保険適用なので安い。全レジン製なので強度が強くない。時間が経つと変色する。 

金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も変わります。また、保険外のクラウンの場合は、歯科医院によって取り扱っているものと取り扱っていないものがあります。比較的大きな虫歯を治療した後や、根管治療をした後は、このクラウンによる治療となることが一般的ですが、ケースによってはクラウンではなくインレー、詰め物による治療となる場合もあります。  

 

どのような人工歯が適しているかについては、お口の状態と患者様の価値観や経済状態によって異なります。歯科医師による診査と診断を受け、よく相談しましょう。なお、費用につきましては、インプラント治療は、健康保険が使えない「自由(保険外)診療」になりますので、医院・病院によって異なります。

 

電気的歯髄診断器YS-DT-A

 電気的歯髄診断器YS-DT-A

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp