登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 虫歯治療の後に歯がしみるのは

虫歯治療の後に歯がしみるのは

虫歯治療の後に歯がしみることがあります。すなわち冷たいものを飲んだり、食べたりした時や、息を口で強く吸った時に歯がしみたりしますよね。これは歯の象牙質が露出しているからです。象牙質が露出するのは虫歯によって歯のエナメル質が失われた時や、歯が擦り減った時や、歯ぐきが下がって歯根が露出した時です。象牙質は生きた細胞からなる組織で、目に見えないたくさんの神経を含んだ管が通っています。穴の表面が風や熱や冷たいものによって刺激されると、この穴の奥にある神経の末端が痛みを感じます。また、むき出しの象牙質の表面に歯垢がつくと、酸による刺激が伝わり痛みます。歯はこのようにして、しみるのです。 

 

 

そもそも、歯がしみるようになった時点で、虫歯がご自分が考えていたよりも大きかったり、深かった可能性があります。(逆にそうではない場合もあります。一概に言えませんが、冷たいものが凍みるという症状は、かなり色々な歯科疾患・・・歯周病、咬合性外傷、虫歯などがその最たる代表例ですが・・・によって発現する症状で、虫歯ではなくとも凍みることもしばしばあります。もちろん、そのような場合は歯を削る必要はないことが多いわけですが。)

 

 

ならば、なぜそれほどの大きさや深さの虫歯の症状が凍みる程度だったかというと、一つは軟化象牙質という、歯の大部分を成している象牙質が“虫歯菌”によって軟かくなっているものの存在が理由として挙げられます。この軟化象牙質、名前の通り軟かくなって、着色してボロボロなくせに、多少なりとも外界と神経との間で壁・・・バリアの役目を果たしているわけです。口腔内カメラでよく検査しましょう。

 

 

しかし、歯科医師としては、虫歯の治療においてこの軟化象牙質を放置しておくわけには行きませんから、基本的には完全に取り除いてしまうわけです。これによって、治療前より却って凍みやすくなったりすることもしばしば起きてしまいます。(歯科材料患者さんが、症状はないけれども、歯に穴が空いていることに気付いて治療を受けに来られ、それを治療すると「最初は凍みていなかったのに、治療が終わったら凍みるようになった。」というような苦情を受けることも多々あります。

 

 

虫歯が象牙質まで達すると進行も早く、神経に近づくにつれ、冷たいものがしみ、痛みを感じます。治療は、まず虫歯部分を取り除きます。症状によっては局所麻酔を使用して治療を行います。削る部分が大きい場合は、インレーという部分的な詰め物をセットします。インレーを作成するには、型をとる必要がありますので、治療には多少時間がかかります。

C2の虫歯でも削る部分が広範囲であったり、一つの歯に複数の虫歯ができている場合には、クラウンでの治療になることがあります。虫歯が広範囲でクランを使用する場合は、インレーで済む場合よりも治療期間が長くなります。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp