登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯髄壊死は根管治療が必要

歯髄壊死は根管治療が必要

「神経を抜く」と言われる根管治療は、歯科治療の中では大きな割合を占める治療です。平成17年度患者調査によれば、全体の約25%の方が根管治療を受けています。歯髄壊死は根管治療の一つです。

 

虫歯が進行し歯髄にまで達すると、歯髄炎となります。 歯髄炎を放置しておくと歯髄壊死となり、温度刺激による痛みは感じなくなります。外傷により脱臼した歯が、歯髄壊死となることもあります。症状は、歯の色が変わってくる、虫歯があって冷たいものがしみていた歯がしみなくなった、などです。  

 

歯髄壊死は髄炎にも分類がありますがそれほど痛みもない時もあれば、かなりの痛みを伴いながら炎症が進む時もあり不可逆的な炎症になるとそれは止まることなく歯の中の(歯髄)神経は死んでしまいます。死んだ状態は「歯髄壊死」といいます。歯髄診断器で神経が生きているかどうかの検査をしてみる。裏側から穴をあけ、神経の通っていた管の中を清掃する根の長さの測定をする。 

 

    電気的歯髄診断器YS-DT-A

電気的歯髄診断器YS-DT-A

 

 

虫歯から歯髄に細菌感染して起こることもが、虫歯がない場合、歯周ポケットから歯根の尖端の神経血管の通る穴から上行性に細菌感染して起こるとされているが、それを経験したことはない。上行性なら冠部歯髄は生きていて、根部歯髄が壊死しているはずだが、それは見たことがない。必ず冠部歯髄が壊死していて、歯根尖端部は生きている。ということは、上行性の感染ではなくて、外傷により、歯根尖端付近の血管が損傷し、血栓を生じ、それが歯牙の抹消である冠部歯髄の血管に詰まって壊死を起こすのではないだろうか。 

 

またこの歯髄壊死した状態がなんらかの原因で感染すると「歯髄壊疽」となります。痛くない時もあるのですが(慢性化の状態)、痛みがでて(急性化してくる)くるとかなりの痛みを伴います。この腐敗した歯髄を除去し、消毒をくりかえし、膿がでないこと、腐敗臭がしないことなどを確認できるまで根の治療は続きます。  

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp