登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 顎関節症

顎関節症

口を開け閉めするとき「カクッ」「パキン」「ジャリジャリ」などと音がする、口が開けづらい、食事中にあごが痛む、といったことはありませんか? これらの症状が一つでもあったら、顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれません。顎関節症は若い女性に増えている病気で、最近は小中学生にまで低年齢化しています。


顎関節症はあごの関節やそれを支える筋肉や靭帯(じんたい)、神経の不調によって起こるさまざまな症状をいいます。あごの関節は、耳の穴の前方1センチくらいのところにあり、ちょうつがいのように働いてあごを開けたり閉めたりしています。この関節がずれてちょうつがい部分のスペースがきつくなると、あごを開閉したときに音がします。放っておくと関節が炎症を起こして痛んだり、関節が引っかかる感じで口を大きく開けることができなくなります。

また、あごの関節を動かす筋肉は首や肩とつながっているため、負担がかかりすぎると、顔や首、肩の回りの筋肉などにも負担がかかります。さらに、バランスの悪いかみ方やあごの動かし方は、ホルモンの乱れや自律神経失調症にみられるのと同じような症状をひき起こすこともあります。 顎関節症の治療を行っている病院・歯科医院は数多くありますが、その考え方・治療方法は本当に様々です。口腔内カメラでよく検査しましょう。

過去のデータに基づいて、システマチックな治療を行っている病院もありますし、経験則に基づいてかみ合わせの調整や矯正治療などを勧める歯科医院もあります。

しかし、顎関節症には「これをすれば確実に治る!」という治療法はありませんので、個人的にはいきなり歯を削ったり矯正をしたりするのではなく、マウスピースを装着するなど後戻りできる治療法から順に試していくのが良いのではないかと思います。

また、大学病院にも顎関節症外来を設けているところが増えてきていますので、最寄の歯科大学病院を受診されるのもお勧めです。 目には見えない非常にやっかいなストレスですが、やはりここでも原因の一つとして挙げざるを得ません。人間が生活するうえでは様々な角度からストレスを受けます。しかし体はそのストレスに対して防衛機能が働くのですが、長時間、長期間に渡って繰り返し同じ様なストレスを受け続けてしまうと防衛機能が破壊され健康が損なわれてしまいます。 治療用のマウスピースはスプリントと呼ばれています。スプリントの効果は夜間の歯軋りなどを防ぐことによる顎への負担軽減が目的です。直接的な治療効果があるわけではありませんが、スプリントだけで自然と治ってしまったという例もあります。超音波スケーラーは大人気です。

 

 

関節部の痛みよりはむしろ、ほっぺたや首の筋肉の痛みが顕著で、明らかにかみ合わせの異常がありました.認知行動療法・超音波療法・薬物療法・スプリント療法を施し改善しましたが、ストレスが大きく関与して、軽度ではあるが再発することもある様子.かみ合わせが極端に低く、出っ歯であることがTMDに対する抵抗力を低くしているため、矯正治療を行う. 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp