登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯面清掃用ハンドピースはよくある故障と処理方法

歯面清掃用ハンドピースはよくある故障と処理方法

 1作業チップは砂を出ない場合

①タンク本体はサンドブラスト粉ない状況を保証して、ワークヘッドが歯面清掃用ハンドピースから開けて、ドレッジ針で気道をクリアして、その後スリーウェイシリンジを使用してパージができます。

②先端の小さい"O"リングを検査して、例えば傷、破損をかじることがいて、"O"リングをとって、先に気道(方法の同上)をきちんとクリアして、それから新しい"O"リング入れ替えます。

 

2 作業チップは水が出来てない場合

水源に不純物があるや断続的に使用するため水菌によって水路を塞ぐことが引き起こされます。適当なホースを使って1面は働く前端をかぶせて、もう一つのはスリーウェイシリンジをかぶせて、(気圧≧0.4MPa)吹いて、すぐ故障を排除することができます。

 

 

JINME-®新型スリーウェイシリンジ 

 

JINME-®新型スリーウェイシリンジ

 

3 ハンドピスは塞ぐ場合は作業チップは砂を出ない場合と同じです。

4ハンドピスの中で、水に不純物があるや断続的に使用するため水菌によって水路を塞ぐことが生産メーカに修理しかない。

5タンクの上部のふたで空気が漏れ

サンドブラスト粉は密封ガスケットシールに噴き出してふたをねじます。蓋とガスケット分離します。きれいな柔らかい布やスリーウェイシリンジでクリアして、対応に密封ガスケットを溝の内でかぶせること確認して、ふたが缶の体にねじって帰て良いです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp