登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯のヒビが入ってしまった

歯のヒビが入ってしまった

歯を失う原因の一つに歯根破折があります。歯根破折とは、名前の通り歯の根っこが割れたり、ひびが入ってしまった状態のことをいいます。歯根破折の原因は、歯をぶつけてしまった、転んで歯にひびがはいったなど様々です。その原因のほとんどが根っこの治療などをして、神経を抜いてしまった歯に多く見られます。

 

私自身も神経(歯髄)を抜いた奥歯にひびが入って痛みが生じて歯科機器で治療したことがあります。最初は激痛ではありませんが、噛むたびに鈍痛がありました。でもそのうち、ずっと痛み続けるようになりました。そしてその歯にものが当たるとひびく様な痛みになってきました。結局原因はひびから歯の中で細菌感染が生じて痛みが発生するようです。

 

 歯科用歯エアードライヤー(Tooth-air-dryer)YS-AD-A

歯科用歯エアードライヤー(Tooth-air-dryer)YS-AD-A

 

歯のヒビが増えたりしてきているなら、たとえば夜中歯ぎしりや食いしばりが原因かもしれません。それでしたら、これからさらにヒビが深くなる恐れがあります。 歯の表面以外にも、ヒビが入りやすい場所として、根の象牙質があります。エナメル質に比べると若干柔らかさがありますが、それでもヒビが入ります。エナメル質のヒビは、目で確認する出来る大き目なヒビでも、大きな問題にならないことが多いのに対して、象牙質のヒビは、ほんの僅かなヒビでも歯の神経にダメージを与えたり、最悪の場合、抜歯になることもあります。

 

残念ながら、歯のヒビを完治させる治療法はほとんどありません。エナメル質内のヒビは、浅いもしくは無症状なら経過観察。歯の一部が欠けてしまった場合には、虫歯の根管治療と同じ様に治療します。具体的には小さい欠けであれば、樹脂で埋める、大きく欠けたなら、被せものを作るといった具合です。 

 

ヒビの入ってしまった歯にシュ-ッと空気をあてても痛みがなければ、外側の硬いエナメル質にヒビのように見える傷が付いている可能性が高いようです。この場合なら治療を急ぐ必要はありません。 この場合、歯が欠落していなければ修復材によって修復できる場合が多いです。 ヒビ程度であれば接着剤でくっつければ?と考えますが、接着時にヒビ内部を無菌状態にしにくい、接着のための乾燥状態を保てない、もし張り付けても、噛み合わせの力で接着部分や別の場所にヒビが再発してしまう可能性が高いなどの理由で、うまくいかないことが多いようです。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp