登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯を白くする方法

歯を白くする方法

昔から、歯科医師仲間の間では「治療マニア」と呼ばれることが多かったですね(歯科機械)。当時は、様々な勉強会や海外の学会に参加し、勉強の日々でした。海外の学会では、日本では出会えない素晴らしいドクターとの交流が深まり、いい意味で刺激になりましたね。

 

医療の世界は日進月歩。新しい治療技術が確立され、いままで治療不可とされてきた症例でも、助かる可能性が増えてきました。もし、新しい技術を身につけていなければ、残せる歯も抜かなければなりません。「本当は残せる歯かも知れないけど、自分は治療技術が未熟だから、抜くしか無い」――そんな言い訳をしないためにも、これからも勉強を続けていくつもりです。

 

しかし、夜中に急に歯が痛み出したり、旅行先で痛くなったりしてすぐには歯医者に行けない場合には、足裏にある歯痛点とツボを刺激することで、痛みをやわらげることができます。また、ひどい歯痛は体力を消耗させ、気持ちもイライラさせるので、そんなときには湧泉というツボを刺激することで体のエネルギーを回復させ不安定な気持ちを落ち着かせるとよいでしょう。湧泉は、体力や気力を高めて体全体を元気にする万能のツボで、土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだ所にあります。両手の親指の先を使って強く押し揉みます。3秒間隔で押したり弛めたりの刺激を交互におこない、湧泉が温かくなるまで繰り返します。

 

次に、痛む側の手の合谷(ごうこく)をよくもみほぐします。歯痛がある時は、合谷が硬くなっているか、ズキッとした痛みがあるはずです。その痛みがなくなるまでよくもみほぐしましょう。温溜(歯科材料)、曲池(きょくち)、内関(ないかん)も同様に指圧してください。  

 

歯並びや咬み合せを指摘されて不安に思っている方や親御さんにお伝えしたいのは、歯並びが悪くても健康な人はたくさんいるから安心して下さいということ。そして同時に、歯並びを治したいと思っている人にも、きれいに治るから心配しないでほしいということです。ものごとにはいろんなゴールがあるのです。大事なのは、どういうゴールがあるかを知り、そこに必ずある利点と欠点を知り、知った上でご自身が選択することです。それは治療を受ける際に最も大事な部分なので、矯正に限らず、医師と話す時には気後れせずにどんどん聞いていってほしいと思います。患者さんにお渡しする情報の正確さと、その情報どおりに治す技術で矯正医は評価されるべきだと思います。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp