登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯のメンテナンス

歯のメンテナンス

 厚生労働省は1996年(平成8年)より、それまで成人病と称した大人の慢性疾患を生活習慣病という名称にかえました。 細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去出来ません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニング超音波スケーラーを使う)によって除去してもらうことをおすすめします。 そのため歯科医院での定期的なメンテナンスが不可欠となります。

 

例えば、歯石はいくら頑張って歯磨きをしても自分で取る事は出来ませんし、部分的に歯磨きが上手に出来ていなかったりすることで、自分では見つけられない場所に虫歯が出来てしまうこともあります。このように自分では限界があることに対しては専門的なケアが必要となり、それを行うのが歯科医院でのメインテナンスです。 

 

メンテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ、歯周ポケットが深くなり容易に「再発」をおこします。 また残念ながら治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまうこともあるでしょう。そのような部位でもメンテナンスを継続することにより歯周ポケットがさらに深くならないように「進行を食い止める」ことができるのです。

 

毎日、隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所 汚れがたまりやすい所が出来てしまいます。 この部分のクリーニングを歯科衛生士や歯科医師がが専門的な器械を使って行うことです。もし歯周病になった場合は適切な歯周病治療を受けて、その後も定期的なクリーニングに通えば何もしない人に比べて歯を失う本数を1/3に少なくできるということです。 

 

Woodpecker®-超音波スケーラーUDS-K-

Woodpecker®-超音波スケーラーUDS-K 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp