登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 超音波スケーラーの操作の問題

超音波スケーラーの操作の問題

超音波スケーラーは、20Hz以上の超音波震動を利用してスケーリングと歯石を取って治療する医療歯科器具です。伝統のの手動クリーニングと比べて高効率、高スピード、傷が軽い、出血が少なく、時間や労力を省くなど利点。また、その操作は簡単で、厳しい訓練を必要とせず、良好な経済効果があって、現在すでに広範に口腔の臨床で使用されています。長年にわたり、著者は超音波スケーラーの使用は多くの問題があることが発見され、以下のように要約される。

 

1.消毒の問題。今の臨床的に大部分が歯の保健を行うので、クリーニング時、その他の疾病に感染するならば、引き合わないのです。だから医療ユニットにハンドピスの作業頭は高温、高圧で消毒できる超音波スケーラーを選びます。患者の間が交叉感染が発生しないことを保証します。

 

2.スケーラーを使う前に、システムのトレーニングを行っていない場合はユーザーガイドの指示を読んでインストールして、ユーザーガイドに従って慎重に動作する必要があります。 30歯科医の調査では、著者によると、8位が簡単に説明書を読んだことがあるだけあって、彼らはスケーラーの操作が簡単だと思って、説明書を読む必要はなくて、しかもほとんどの場合は、看護師や研修生、実習生からこの作業を行います。超音波スケーラーの操作がよく理解できないため、機械を壊しやすくて、患者の歯をも傷つけやすいです。

 

3  臨床の作業中で一部の人々が超音波スケーラーが歯を傷つけると感じます。原因が彼らが直接、間接的な超音波スケーラーした後歯が痛いです。これは患者自身の原因と医師操作不当です。正しい操作はすべきです:クリーニングの前に、先にパワーを引き下げて、大出の水を噴き出す。後から、使う作業の頭によってパワーを加減します。

 

口腔治療中で、クリーニングは技術の要求の一つですが、多くの医師はその重要性を見落としました。患者の利益と健康のために、歯に対して十分な認識があるべきで、き慎重な操作、真剣かつ責任を持つべきである。 

Baola®-超音波スケーラー用ハンドピースH3

Baola®-超音波スケーラー用ハンドピースH3


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp