登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > スケーリングの7つの注意事項

スケーリングの7つの注意事項

1.スケーリングする場合は通常、炎症を起こす状況や歯歯石がたくさんある時、長い洗っていないで血を流すことがあります。普通は1、2日以内にゆっくりと消えてなくなって、もし良好な口腔衛生を維持することができるならば、流血のことはスケーリングした後、一般的に一週間でなくなります。もし局部の地方は依然として血を流すならば、歯医者に注意して歯周症あるいは歯茎に深い残存歯石があるかどうかを慎重にチェックする必要があります。

 

2.スケーリング後の歯がホットとコールドに対して少し敏感で痛いことと感じます。もしみの症状がずっと存在するならば市場で抗敏感な歯磨き粉を考慮することができて、1ヶ月ぐらいを使って多く改善します。

 

3.出血疾患の患者、例えば血小板減少症、白血病、コントロール不良の2型糖尿病患者などの出血性疾患を持つ人々の群衆は、スケーリングの出血を避けるために、事前に適量な液凝固剤を使用して液凝固速度を制御します。スケーリング時出血が止まらなくないようにします。 

 

4.そのような活動性結核患者と急性肝炎のイベントの期などの急性感染症で苦しんでいる患者は、病気が安定的になった後にスケーリングします。一方、自分の病状のため、それに他人への感染を避けるためにです。

 

5.急性期の口腔硬組織及び軟組織の炎症がある患者、急性期のあとでスケーリングします。炎症は血液を通じて(通って)広めて、拡散でないようにします。 

 

6.歯ぐき悪性腫瘍の患者は常規スケーリングを受け入れるべきでなくて、腫瘍は拡散しないようにします。

  

7.アクティブ狭心症、心筋梗塞を持つ患者、かつ高血圧や心臓衰弱の患者は日常的歯のクリーニングの治療を受けるべきではありません。また、スケーリングは度に専門的な技術的な仕事で、口腔病院の医療スタッフは、手動の器械を採択して約3時間必要である。超音波スケーラーのスケーリングは1時間の程度が必要とします。

 

    SJK-超音波圧スケーラー-S3

SJK-超音波圧スケーラー-S3

 


 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp