登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯周病の原因と全身症状について

歯周病の原因と全身症状について

日本人にもっとも多い病気ってなんだと思いますか?


それは歯周病ではないでしょうか?厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、歯周病は25〜34歳の若い世代ですでに約80%、45〜54歳の中年層では88%もの人にその兆候がみられるのです。


これほど歯周病の人が多いのに、それがどんな病気なのかはあまり知られていません。これは歯周病が初期には痛みもなく、歯肉(歯科材料)がちょっとはれたり、歯磨きのときに少し出血する程度なので、そのまま放置している人がほとんどだからでしょう。あなたの歯茎は大丈夫ですか?


歯の周りにある歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯茎(歯科材料)が腫れたり、歯茎から出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気の事を言います。歯周病菌は、歯垢(プラーク)に含まれています。歯周病は、自覚症状がないのですが、初期の段階では歯を磨く時に血がでるようになったり、歯茎に違和感を覚えたりするようになります。
この段階では、誰もが歯周病だと気づきません。更に進行すると歯がグラグラしてくるのですが、この段階では手遅れになっていることも多いです。歯周病だと自覚した後は、歯を支えている歯槽骨のほとんどが溶かされてしまっていて、元通りに戻すのは今の技術ではとても難しいです。

 

進行を止めることしかできませんから、初期段階でいかに歯周病菌を撃退できるかが重要になってきます。 歯周病と糖尿病は、深い関係にあります。糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いといわれています。

 

 

それは、糖尿病になると、唾液の分泌量が減って歯周病菌が増殖したり、免疫機能や組織修復力が低下して、歯周病が発症・進行しやすくなるからだと考えられます。さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきているようです。つまり、歯周病と糖尿病は、互いに影響を与えている関係であると考えられるようになってきています。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp