登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯周病が原因で他の病気になる

歯周病が原因で他の病気になる

歯周病は感染症ですので、歯周病菌(歯科機械)が歯周組織に感染すれば歯周病となり、歯周病菌が血液や唾液などに混じって全身に流れていけば歯周病以外の病気になる可能性は否定できず、現に近年、歯周病菌が原因でさまざまな病気の引き金になると報告されています。歯周病になると『肺炎』にかかりやすくなるといわれています。

 

歯周病菌の中に含まれる細菌には肺炎の原因になる細菌が含まれているため、何らかの病気や高齢者など、抵抗力が落ちている状態で歯周病菌が含まれた唾液を間違って吸引してしまい、肺に入ってしまうと、肺炎になる可能性が高くなるといわれています。

 

神経をとった後の治療は、今一番歯科医の手の抜きどころになっているといっても過言ではありません。それは、患者さん自信が目で見えない部分であり、作業が細かく時間がかかるためです。また歯の根は様々な形をしていたり、くねくね曲がっていたりする上に、目では見えないため歯科医の技術が必要な治療になります。

 

厄介なケースでは、神経を取るときに、いいかげんに処置がしてあり、根の病気が発見されても再治療が不可能で、歯は問題無いのに抜歯になってみたり、歯ぐきと骨に穴をあけて歯の根っこを切り取ったり、という処置が必要になる場合、またいいかげんな根の治療をした歯に、「一生もつから」といって高価な歯を入れて、患者さんがその言葉を信用し、「悪くなるはずが無い」といって治療を拒否するということもあります。

 

歯原性腫瘍(良性、悪性)と非歯原性腫瘍(歯科材料)があります。同じような腫瘤にみえても、ただ炎症でできた場合もあるし腫瘍のこともありま

す。また、同じようなできものでも良性のものと悪性のものがあり、腫瘤の性質や種類の判定には組織検査が必要です。

 

歯の病気を示す最も一般的な症状は、歯の痛みです。歯痛は、1日中痛み続けることもあれば、ものをかんだときや歯科器具でコツコツと歯を軽くたたかれたときなど、特定の状況においてだけ痛むこともあります。歯痛は、むし歯や歯ぐきの病気によって起こります。そのほかに、歯根が露出していたり、歯かみや歯ぎしりをしたり、歯が折れたり欠けたりしたときにも痛みが起こります。同様の歯痛は、上顎洞(じょうがくどう)にうっ血が起きているときにも起こります。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp