登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 根っこの治療とは

根っこの治療とは

建物を建てる時に、基礎工事が重要であることは広く知られていると思いますが、根管治療は歯の治療の基礎工事にあたり、どんなに綺麗な歯を被せても、適切な根管治療がされていない歯は長くもちません。根管治療がしっかりされていないと、後々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり、痛みがでるからです。

 

歯が痛くなってしまったり、歯の神経を取らざる得ないとき、その最初の治療が、最も重要であるとタニグチ歯科では考えています。なぜなら歯の治療は、ほとんどの場合歯を削る為、一度削った歯は、当然二度とは元に戻らないからです。

 

従来の根っこの治療は歯の中ということもあり、手探りでの治療でした。確認できるのはレントゲンのみ。しかし、レントゲンだけでは奥に曲がっている根っこなどに気付くことができない場合もあります。そこにお薬がきちんと入らないと、治療が終わった後も痛みが出てしまったり、数年後に再治療することになりします。

最近では、より最新の治療を求め、インターネットからハートフル歯科に来院される方も珍しくありません。マイクロスコープや、ラバーダム、歯科用CTなどでの治療をご希望されています。特にこの神経の入っている穴は、非常に複雑で繊細な為、
乱暴にあつかってしまうと、いろいろな所に段差を作ったり、ふさいでしまうことがあるからです。


こうなると治療の難易度は格段に上がってしまいます。ましてとんでもない所に大穴を開けてしまったり、リーマーを(根管治療に使う針金のような歯科用具)根の中で、折ってしまうと、その破片は並大抵のことでは取り出すことが出来ません。こうなると、最悪で治療がまともに出来ないケースすらあります。

 

抜髄でも感染根管治療でも、十分な治療ができるのは主根管(上図ピンク色)のみであり、側枝(枝分かれしている部位)を十分に拡大清掃することはできない。通常の感染根管治療は病原因子を相当残存させる処置と考えられ、確実な予後を期待するのは困難である。さらに加齢変化が加わると、根管は石灰化によりさらに複雑化する。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp