登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯槽骨再生のインプラント治療

歯槽骨再生のインプラント治療

歯周病は、歯の表面に付いた細菌の塊が引き起こす病気で、歯茎が腫れたり、悪化すると歯を支える歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまう。同センターは、歯槽骨を包む骨膜の一部を患者から切り取り、約6週間培養してシート状に加工。骨の原料になるアパタイトと患者から採取した血小板を混ぜて骨の欠損部分に詰め、このシートで覆った。この治療で、7〜9ミリの歯槽骨の欠損が、治療から半年後には3ミリ程度まで戻り、歯のぐらつきがなくなるという。歯槽骨が完全に欠損してしまう前の治療法としてこれまでに40例実施し、最長で根管治療から7年間、歯が抜けることがなかったという。 

 

歯周疾患により高度な歯周組織の破壊を伴う歯牙に歯科機器を使って、再生療法を実施する場合少なくとも骨再生量70~80%ぐらいを目標に実施したいが、広範な骨欠損になれば予知性は低下し臨床での応用が疑問視されている。

結論として、再生療法において支持骨量を積極的に増大させるとともに広範な骨欠損をも対応できるような適応症拡大が最も望まれていると考えられる。インプラント治療はある程度の歯槽骨が残っていないとできない。 「私の経験では、義歯かインプラントかの段階に至った人で“インプラントができる十分な歯槽骨が残っている”のは半数ほど。残り半数の2~3割は“何とかできるが、予後を考えるともう少し歯槽骨がほしい”という人で、あとは“インプラント不可能。義歯しか手はない人”です」

 

そして、歯が抜けてしまった場所は患者様の年齢が高くなるほど、骨(歯槽骨)の高さが低くなり、厚みもなくなっていることが多いのです。ですから、インプラントをすることが年齢を重ねるに連れて難しくなるのは年齢的な問題というよりは実はこの骨(歯槽骨)の高さと厚みがなくなってしまいインプラントを埋めることが出来ないという問題なのです。 

 

「腰にある骨髄の骨髄液から採取した骨髄間質細胞を、歯肉に移植する方法です。骨髄間質細胞には骨を作る能力があって、4週間ほどで骨(歯槽骨)が再生し、4~6カ月ほどで従来と同じくらいか従来以上の強度になる。それで、インプラント治療が可能になります」骨髄間質細胞は、外来で腰の辺りに局所麻酔を打ち、注射針で採取する。  

 

根管治療機器-エンド-G3-RCTY-DY

根管治療機器-エンド-G3-RCTY-DY


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp