登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯石の除去とは

歯石の除去とは

「過去1年間の専門家による支援と定期管理の状況」では、過去1年間に歯石除去、歯面清掃を受けた者の割合は、40歳代で37.2%(前回34.6%)、50歳代で42.8%(前回38.9%)、60歳代で45.8%(前回44.5%)、70歳以上で32.8%(前回31.2%)であり、前回の調査に比べ各年代で増加している。 

 

最近では検査結果を文書で渡してくれる病院も増えています。歯肉の検査内容は次のようなことがよく行なわれます。歯と歯肉の境界部にある歯周ポケットと呼ばれる溝の深さを、専用の歯科器具(先の細い棒状の器具)を挿入して測定します。標準的には1~2ミリ程度で、一般に深さが深い程、歯周病が進行していると考えられます。4ミリ以上で要注意。6ミリ以上は、かなり進行していると考えられます。

 

歯石の除去は、絶対必要です。昔の人と現代人との食生活が違うのは、分かりますよね。昔の人は、甘い物は大変貴重な食べ物でした。ですが、現代人は甘い物がそこらへんに沢山あってそれを食べます。なので昔の人より現代人は、歯石が付き易いのです。中途半端な昔の人は、やはり歯周病と言うのは、メジャーでは無かったので、やはり歯槽膿漏で歯が抜けたりで、入れ歯の人が多いです。

 

歯医者さんでは、スケーラーという器具を用いて歯石を除去します。 手用スケーラー・エアスケーラー・超音波スケーラーなどの種類があり、どれを使用するかは、歯石が付着している状態や場所などによります。 康な歯なら、麻酔をしなくても除去できます。 ただし歯周ポケットが深くそのなかの歯石除去を行う場合や、重度の歯槽膿漏を患っており除去時に激しい痛みを伴うといった場合は、用いることがあります。 

 

 

    SKL-超音波スケーラー A3 

SKL-超音波スケーラー A3

 

歯肉の検査をすればいろいろな情報がわかります。場合によってはレントゲンが必要ないこともあります。しかし歯周病は歯の周りの骨を溶かす病気です。目で見ることの出来ない歯肉の奥にある歯と骨の状態を確認するために一番確実な方法として、レントゲンで確認することが一般的です。  

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp