登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯根破折の場合

歯根破折の場合

歯根破折は、ほとんどがそれまでに神経を取り除いたりした治療が行なわれた歯に起こります。神経を取り除いていない生きている歯には、ごくたまに起こる程度で次のような症状がよく見られます。 先日も銀歯を入れた所がどうも違和感があるとのことで、レントゲンを撮ってみたのですが特に悪い所見もなく・・・2週間ほど様子をみていたのですが、全く症状が変らないとのことで、治療をしてみました。

 

歯根破折になると破折部に細菌が入り込み、歯肉が腫れたり、膿の逃げ道ができ歯肉にプチプチがでたりします。これは感染根管と似た症状です。 治療は、まず歯根破折がどこで何が起きているのかを確認します。クラウンなどが被さっていればそれをはずしますし、歯根破折の状況を確認しますし、大きく歯肉が腫れていれば歯肉に麻酔を行って歯肉を切り開き、膿をだし、その場で破折状況を確認します。 

 

歯根破折の治療の基本は抜歯です。歯に入った僅かなヒビの隙間は歯茎などを腫れる原因となる細菌にとって、まるで細菌専用道路のようなものです。歯ブラシの毛先からは身を守ることができ、さらに奥にまでどんどん入り込んでしまうからです。

 

    歯科医療用X線フィルム自動現象機 

歯科医療用X線フィルム自動現象機

健康な歯がいきなり折れたり割れたりすることはまれで、虫歯の治療が繰り返し行なわれ、神経を取った歯に起こることがほとんどです。たとえ歯磨きを一生懸命していても防ぐことはできません。そのため歯根破折は「歯の臨終」とも言えます。様々な治療で延命した歯が、歯根破折によってその生涯を終えるのです。

 

来は、歯が折れて歯髄(歯の神経)が出てしまっている場合は神経を抜き、差し歯にするケースがほとんどでした。ところが最近では、歯科医療技術(特に歯科保存修復材料であるレジンの歯科材料)の向上によって、歯を元通りに戻すことが可能になってきています。

 

歯の破折を起こさないために注意したいのは、脆弱な歯には(ブリッジする、部分入れ歯をかけるなど)過大な力をかけない。歯軋り、くいしばりなどの過大な力から歯を守る。脆弱な歯は接着樹脂などつかいしっかり補強するといった配慮が大切です。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp