登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 根面齲蝕が現れる時

根面齲蝕が現れる時

多発した状態の根面齲蝕は、主に高齢者(早い人は50代でも)の歯周病患者に多く見られます。歯磨きがきちんと行なわれていない、歯周病が進行して根が露出、唾液分泌が減少し虫歯への抵抗性が低下するなどして、歯ぐきから露出した根の部分に、場合によっては数本~数十本に渡って根面齲蝕が現れます。 

 

根面う蝕は、根管治療しにくいむし歯といわれています。歯冠のむし歯の多くが外から中に向かって縦に進行するのに対して、根面う蝕は歯と歯肉の境目に沿って横に進行して歯の周りをぐるりと取り巻きます。歯冠部が健全な状態で残っているのに歯根部が環状にむし歯になっている場合もあり、やむをえず、抜いてしまうこともあるようです。 

 

 

 

 

歯の根元の表面はエナメル質に覆われた歯冠(歯の頭の部分)と比べてやわらかく、むし歯になりやすいのです。 そのため、若いときと同じように、ブラッシングしているはずなのにむし歯になってしまう、というようなことが起こります。 

 

歯肉は年をとるとともに、やせてきて(退縮して)、歯が長くなったようにみえることがあります。とくに歯周病にかかると歯肉の退縮が進み、健康なときには歯肉に隠れていた歯根が外に現れてしまいます。 歯と歯の間が連続して虫歯になることも多いです。特に奥歯の歯と歯の間に出来た根面齲蝕を治療するには、歯科用具が横から挿入しにくいため、歯冠部分から削ることになり、虫歯が小さくても削る量は多めになりがちです。 

 

年を取れば、歯に詰め物や被せ物の一つや二つは当然あるはず・・・ 結局のところ、意識的に予防するしかないわけで、予防が難しいといっても、 むし歯であることには変わりはないから、 食生活をはじめとした正しい生活習慣を守り、 むし歯を引き起こす細菌の塊(プラーク)をきちんと除去することを心がける。 そのためには、 歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間清掃用具は不可欠だ。 あとは半年に1度、歯科医院に行って 定期健診と徹底したクリーニングを受けることが大切だ。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp