登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 妊娠性歯肉炎について調べてみました

妊娠性歯肉炎について調べてみました

妊娠中、あちこちに変調を感じる人が多数います。口腔内の異常もそのうちの一つに数えられます。妊娠性歯肉炎という名称の病気があるわけですが、これは妊娠時にかかる歯肉炎のことをいいます。

 

妊娠中というのは、体で色々な変化が起きます。例としては、唾液の出る量が減少するという変化があります。唾液は口腔内に留まった食べかすや、口の中で増えてしまった細菌を始末する効果を与えてくれます。その唾液が減ってしまうわけなので、必然的に口腔内は細菌が増えやすい状況を生み出してしまいます。(歯科材料

 

また、ホルモンの分泌が盛んになりますが、これが要因となり細菌も増加します。さらに、お腹にいる子供にも栄養が行き届くように、頻繁に食べるようになりますね。何かを口にするごとに念入りに歯磨きができているならそれでいいのですが、妊娠しているうちは、簡単にいかなくなったりします。 妊娠中はつわりのためにブラッシングが十分に行えないなどのほか、血液中に女性ホルモンの増加で歯周病菌が増殖して歯肉に炎症が強く現れるようになります。

 

そのため歯周病が重症化しやすく、以前に歯周病にかかったことのある人は再発する可能性も高くなるります。お口の中を清潔に保って歯肉の炎症を起こさないようにしていると、歯周病病の重症化を予防できるので、日ごろからのケアはとても大切です。 実際診てもらうと、歯垢はないし、歯茎の赤みも殆どない状態ながら、クリーニングをするとやはり血が噴き出してきたと衛生士さんこれは妊娠性歯肉炎なので、これからブラッシングできれば心配ないだろうとのことただ、歯茎からの出血が増えるようなら受診したほうがいいかもとのこと次回は6か月後を予約したものの、出産後の自分が想像できないので.どうなることやらです.

 

歯科機械)歯垢や細菌など口中の状態が悪いと心筋梗塞などのリスクも高まると通っている歯医者さんはおっしゃいます.母もクリーニングを始めてから風邪で寝込むことがないと言っています.また、今回衛生士さんからいただいた妊婦期のデンタルケアという冊子には,歯周病原性細菌が早産や低出生体重出産の原因の一つとも考えられるとありました 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp