登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気

最近テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか?歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。

 

歯周病の治療は進行具合によって、歯石をとる治療と、悪くなった歯茎、溶けた骨を改善する治療に分けられます。そして、治療が一段落しても家庭でのケア(歯磨き等)と、歯科医院での継続的な治療、その両方が必要であると考えられています。歯周病は虫歯と同じく細菌が原因の感染症です。

 

初期の段階では自覚症状がほとんどないため、サイレント・ディジーズ(歯科材料)と表現されるため、虫歯に比べて恐いイメージをお持ちの方の少ない病気ですが、実はとても恐ろしい病気です。歯周病は最終的には歯を失うことになる深刻な病気です。

 

近年の調査では日本人の80%以上もの方が歯周病にかかっており、さらにその半分の方が歯周病で歯を失っているのです。重度の歯周病を患ったり、大切な歯を失うことになる前に…歯ぐきからの出血や歯がグラグラするといった症状の見られる方は、歯科医院での検診を必ず受けるようにしましょう。

 

歯肉炎は、歯周病の初期段階にあたる症状で、プラークに含まれる歯周病菌によって歯茎が腫れてしまったりします。歯磨きすると歯茎から血が出る、といった症状は歯肉炎が原因です。この段階では歯槽骨が溶けるまでには至っていないため、触れても歯がグラグラするなどの症状はなく、また、歯と歯の間の歯茎が炎症を起こすため、腫れに気づかない場合も多くあります。根管治療は大切です。

 

このように自覚症状がないため、歯肉炎の段階では放っておかれることが多く、そのまま歯周炎へと移行してしまう傾向にあります。当然ですが、適切な治療を受ければ、初期段階の歯肉炎の方が圧倒的に回復が早いので、歯肉炎の早期発見は非常に重要な要素となります。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp