登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯が痛い時歯痛点を見付ける

歯が痛い時歯痛点を見付ける

「歯が痛い」と感じても、実際は歯が原因の痛みではないこともあります。特別な種類の歯痛は除外する事にして、一般的な歯痛としては、『歯』が原因で起こるもの、『はぐき』に原因があって起こるものがあります。普通は炎症の場所が異なっても、同じように歯が痛いと感じることがほとんど。炎症が起こる原因は、虫歯や歯周病菌などの細菌が原因で、薬だけでは原因を取り除けません。

 

歯痛点は手のひら側の中指と薬指の付け根の間に位置します。虫歯や歯槽膿漏などによる痛みは、この歯痛点を刺激するのが効果的です。刺激するときのコツは、痛いと感じるくらい強めに刺激することです。親指と人差し指ではさむようにして、やや強めに押しもみましょう。左右交互に何度も繰り返しましょう。

 

ハグキが痛い場合は、歯周病の急性炎症と、2のように、根の先に膿みが溜まって痛い場合(との二通り考えられますが、歯周病で急性炎症を起こして腫れる場合は、根管治療で、その歯は普通、痛くなる前からグラグラしています。当然ながら、虫歯や歯槽膿漏そのものを治すことはできません。あくまでも歯医者さんに行くまでの応急処置としておこなってください。毎食後に歯に詰まった食べかすを舌で取り除くのが大切な仕事になっている事でしょう。前述の歯髄炎に続いて起こる場合について述べてゆきます。

 

転んで歯が抜けてしまった場合。歯科医院が開いている時間ならすぐに来て下さい。閉まってしまった場合でも、歯科医院(歯科用品)に来るまでのその歯の、保管方法が一番大事です。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp